【重要】新型コロナウイルスについて

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供/

 
 
≫詳細がこちら

がん

【エーザイに朗報】レンビマとキイトルーダの併用が凄いらしい!?

アリセプトを失ったエーザイの起死回生の製品がレンビマです。

 

レンビマは、肝がんに対して非常に良い効果を示しています。

 

そんなレンビマが、免疫チェックポイント阻害薬であるキイトルーダと併用で、なかなかの結果を報告しています。

 

エーザイにとっては、レンビマの今後が自社の未来を左右するほどのインパクトがあります。

 

どんな試験かを確認しておきます。

 

111試験/KEYNOTE-146試験(レンビマ+キイトルーダ)

多施設共同、非盲検、単群、バスケット型の臨床第Ⅰb/Ⅱ相試験

対象がん種

  • 転移性非小細胞肺がん
  • 転移性メラノーマ
  • 転移性尿路上皮がん
  • 転移性子宮内膜がん
  • 転移性頭頸部がん
  • 転移性腎細胞がん

第33回がん免疫学会(Society of immunotherapy of Cancer:SITC)年次総会において、非小細胞肺がん・メラノーマ・尿路上皮がんについて解析結果が発表されています。

非小細胞肺がん(レンビマ+キイトルーダ)

前治療歴が無いあるいは2レジメン以下の化学療法歴を有する患者様21人

  • ORR33.3%(95%CI=14.6-57.0)
  • PFS(中央値):5.9カ月(95%CI=2.3-13.8)

PD-L1の発現状態に関わらず有望な臨床効果および安全性が確認された。

メラノーマ(レンビマ+キイトルーダ)

前治療歴が無いあるいは2レジメン以下の化学療法歴を有する患者様21人

  • ORR47.6%(95%CI=25.7-70.2)
  • PFS(中央値):5.5カ月(95%CI=2.6-15.8)

有望な臨床効果および安全性が確認された。

尿路上皮癌(レンビマ+キイトルーダ)

前治療歴が無いあるいは2レジメン以下の化学療法歴を有する患者様20人

  • ORR25%(95%CI=9-49)
  • PFS(中央値):5.4カ月(95%CI=1.3-推定不能)

PD-L1の発現状態に関わらず有望な臨床効果および安全性が確認された。

 

はいたっち

治療選択肢が少ない、メラノーマや尿路上皮癌で、新たな治療戦略が登場すれば、医師も患者も助かりますね。

 

Sincerely

Hitouch

 

抗がん剤関連の人気記事

キイトルーダががん種の壁を越えた!!

 

薬剤師の働き方改革

【派遣薬剤師に向いているのはどんな人?】派遣薬剤師のメリット・デメリットを紹介 人生100年時代。 『学業→就業→引退』という既存のモデルが機能しなくなる未来が予想されています。 ...

 

年収を上げたい薬剤師さんにおすすめ

 全国の情報や派遣求人の見通しなど貴重な情報が手に入ります。

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

 

 情報量がものすごい!こちらも必ず登録すべきです。

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア


 派遣以外の求人数がすごい!派遣以外の市場調査もしましょう。

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円のお祝い金】

 

薬剤師さんに人気の記事

 

【この記事の執筆者】
Hitouch「T」
HitouchLIFEという雑記ブログの管理人
医療・投資・自己啓発系のライティングを得意とする医療ライター
オススメ HitouchLIFE

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!