薬局女子

【オタク系薬剤師!薬局女子の日常】たかが風邪・されど風邪・・・

こんにちは。

 

きのこです

 

風邪??

もう11月下旬です。

 

本当に寒くなってきましたね。

まだまだインフルエンザの波は押し寄せてきていません。

が!!

 

薬局に来るのは風邪っぽい処方せんばかり。

風邪っ“ぽい”っていうのは・・・

ズバリ風邪ではない。

 

が!!

 

風邪っぽい“やつ”。

薬局で働いて初めて出会った“やつ”がいます。

それは溶連菌と副鼻腔炎。

溶連菌の場合・・・

喉が痛い→抗生剤

数日後→抗生剤追加

こんな感じの処方が出ます。

子どもだけでなく大人がかかることもあるみたいです。

 

副鼻腔炎の場合・・・

  • 頬のあたりが痛い
  • 横になると鼻水が喉に流れてくる
  • 鼻水と痰の色が黄色っぽい

 

こんな症状を訴えられることが多いです。

 

風邪にもいろいろあんだね・・・

先輩薬剤師が「コウビロー」って言っていたのですが、私はそれが『後鼻漏』だとは知りませんでした。

きのこ

コウビローってなんだよ?

 

更に、先輩薬剤師が「抗生剤の種類とか、他に出てる薬とか、処方箋を見るだけで副鼻腔炎なのか溶連菌なのか、それとも別の感染症なのか分かるようになるよ」と・・・

 

きのこ

まだ分からない・・・

 

めっきり寒くなった11月のある日、1人の患者さんがやってきました。

患者さん「風邪薬がでていないじゃないか!」

 

きのこ

こちらが解熱薬でして・・・

 

患者さん「抗生物質を出してもらいたいんだけど!」

 

きのこ

一般的な風邪には抗生物質を使わないのですが・・・

患者さん「抗生物質も出してくれと頼んでるんだけど!?」

 

きのこ

・・・。

 

11月の寒い空気と、『ホット』な患者さん・・・

 

たかが風邪

 

されど風邪

 

病院で働いていた頃には、『風邪』の患者さんと話をすることは少なかったです。

 

薬局で働き始めて風邪と向き合うことになると、『風邪』の奥の深さに驚いています。

 

風邪の患者さんは、一見さんも多いです。

 

薬歴がない分、聞きたい事は多い。

 

薬歴は薬剤師同士の交換日記。

 

薬剤師としては少しでも情報を聞きたいところです。

 

しかし、患者さんはしんどい思いをしており、話したい気分ではないでしょう。

 

こういう患者さんにどのように服薬指導をするか。

 

まだまだ勉強することは多いです。

 

おしまい。

 

人気シリーズ

超わかりやすい統計解説!!

 

調剤薬局に転職するならこちらがおすすめ

 全国の情報や派遣求人の見通しなど貴重な情報が手に入ります。

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

 

 情報量がものすごい!こちらも必ず登録すべきです。

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア


 派遣以外の求人数がすごい!派遣以外の市場調査もしましょう。

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円のお祝い金】

 

薬剤師さんに人気の記事

 

【この記事の執筆者】
きのこさん/調剤薬局薬剤師
総合病院勤務後調剤薬局に転職したオタク女子

 

【この記事の編集者】
Hitouch「T」
HitouchLIFEという雑記ブログの管理人
医療・投資・自己啓発系のライティングを得意とする医療ライター
オススメ HitouchLIFE

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!