派遣薬剤師体験記

【現役派遣薬剤師が語る体験談】派遣薬剤師の年収から裏話までを徹底解説!

派遣薬剤師という働き方を知っていますか?

 

派遣社員や派遣切り、『派遣』という言葉にはなんだかネガティブなイメージがつきまとっていますが…

 

『派遣薬剤師』は違います。

 

4,000円を超える時給。

 

年収1,000万円オーバー。

 

週休2日で定時帰り。

 

これらの待遇は、派遣薬剤師にとってあたりまえなのです。

 

正社員をやめて、あえて派遣を目指す、“賢い”薬剤師も多く存在します。

 

そんな『嘘のような本当の話』の主人公である、派遣薬剤師について、その働き方からリアルな年収裏話を紹介します。

 

現役派遣薬剤師が語る!派遣薬剤師の全て!!

 

派遣薬剤師に興味がある方だけではなく、今の働き方や今の職場に疑問を感じている薬剤師さんは、ぜひとも最後までご覧いただければ幸いです。

 

»てっとり早く派遣薬剤師について知りたい方はこちら

ファルマスタッフ公式サイトへ

 

【派遣薬剤師の生活・働き方】派遣薬剤師とは?

そもそも派遣薬剤師とはどのような薬剤師なのでしょうか?

派遣薬剤師の勤務先は派遣会社

通常、臨床薬剤師として働く場合、病院や薬局、ドラッグストアに勤務します。

この場合、勤務先となるのは病院や薬局です。

 

一方で、派遣薬剤師の勤務先は派遣会社です。

 

ファルマスタッフエムスリーといった、派遣会社に勤務することになります。

 

はいたっち

エムスリーって聞いたことありますよね?

そのエムスリーです。

 

ファルマスタッフエムスリーも、いうまでもなく超大手企業です。

『派遣会社は不安定』などという間違った情報がありますが、町中の個人薬局や、個人病院よりも、派遣会社の方が俄然安定しているということは、おわかりいただけると思います。

派遣薬剤師と『普通の薬剤師』の業務内容に違いはあるのか?

派遣薬剤師でも、“普通”の薬剤師でも、仕事内容に違いはありません。

 

普通の薬剤師と“同じように”調剤をする“だけ”で、倍近い年収になります。

 

はいたっち

なんだか胡散臭い話ですが、その理由は後ほど紹介します。

派遣薬剤師は投薬メイン?

あくまでも個人的な見解ですが、派遣薬剤師は投薬がメイン業務となることが多いです。

数ヶ月という雇用期間で就業先(派遣先)を変わることがありますので、ピッキングや、薬品管理業務、在宅や施設での服薬指導などの業務に携わることは少ないと思います。

こういった業務も経験したいという人は、就業先に対して自ら業務内容の提案をするか派遣会社のエージェントと相談してみると良いと思います。

派遣薬剤師が高時給である3つの理由

4,000円以上の時給を稼ぎ、年収は1,000万円を超えているという派遣薬剤師はたくさんいます。

派遣薬剤師はなぜそんなに稼ぐことができるのでしょうか?

その理由を3つご紹介します。

派遣薬剤師に対する需要がある

単純かつもっともな理由は、派遣薬剤師に対するニーズがあるからです。

普通に薬剤師として働いていても気がつくと思いますが、『もっと薬剤師がほしい』ですよね?

 

どこの薬局もめちゃくちゃ忙しいのです。

 

インフルエンザや花粉症、シーズンによっても忙しさは違います。

加えて、急な体調不良や育児休暇によって、予期せず薬剤師が不足することが多々あります。

 

薬局の経営者は、施設や在宅などの『業務拡大』をしたくてもできないのです。

 

薬剤師がいないから・・・

 

だからといって、年収600万円に加えて、様々な福利厚生が必要な正社員を雇うだけの余力はありません。

経営者にとって、正社員を雇うというのは、支払う金額以上の『プレッシャー』があるのです。

はいたっち

正社員とその家族の生活を背負うことになりますからね…

 

そんな時に必要とされるのが…派遣薬剤師です。

 

時給5,000円でもいいから、この3ヶ月だけ来てほしい。

時給4,000円払うから、業務拡大中の今年だけは調剤をしてほしい。

などなど…

派遣薬剤師にはものすごく需要があるのです。

派遣薬剤師はダブルワークが可能

実際に多くの派遣薬剤師が利用している手段が、『派遣会社のかけもち』です。

 

ファルマスタッフエムスリーといった、複数の派遣会社をかけもちすることで、『働こうと思えば』、週7でも働けてしまうわけです。

 

ポイントは、働いてもいいし、働かなくてもいいということです。

 

僕の知人の派遣薬剤師さんの場合、冬場(インフルエンザシーズン)に週6で働く一方で、サーフィンをするため、夏場は週3しか働いていません。

それで1000万円以上の年収を稼いでいます。

 

ダブルワークが可能になれば、自分が働ける時に思いっきり働けることができます。

お金を稼ぎたいときは徹底的に稼ぐ。

派遣薬剤師なら、このような働き方が可能になります。

はいたっち

仕事が終わった後に「バイト」したいなぁ。

なんて思うことありますよね?

派遣薬剤師ならそれが可能です。

派遣薬剤師は即戦力?プロだからこそ高時給!

基本的に派遣薬剤師になる人は、ある程度現場経験を積んだ薬剤師です。

調剤薬局やドラッグストア、病院などで数年勤務して、ある程度薬剤師という仕事を理解している人が派遣薬剤師になります。

つまり、派遣薬剤師は即戦力です。

 

経営者としても派遣薬剤師を活用することで、社員教育に必要なコストがいりませんので、かなりの旨味があります。

 

薬剤師に限らずどの業界にも言えることですが…

即戦力に高い給料が支払われるのは当然のことです。

 

実際の高時給案件を見てみましょう

»時給4000円以上の求人がこちら

現役派遣薬剤師が派遣薬剤師のメリットを紹介

ここからは派遣薬剤師のメリットを紹介します。

働き方改革の時代に合っている

派遣薬剤師はワーク・ライフ・バランスを自分で決めることができます。

 

働き方を自分で決められるというのは、自由な働き方をしたことがある人にしか分からない幸福です。

 

午前中だけ派遣薬剤師として働き、午後からは自分の夢であったカフェの経営をしている。

週3で派遣薬剤師をやりながら、YouTubeの動画制作を楽しんでいる。

実際にこんな働き方を実践している薬剤師もいます。

 

働く時は働く。

稼ぐときは稼ぐ。

休むときは休む。

夢を追う時は夢を追う。

 

働き方を自分で決められるというのは、やったことのある人にしか味わえない幸せです。

定時帰りがあたりまえ

サービス残業とか、ブラック企業とか、そんなことは派遣薬剤師には関係がありません。

1分でも残業すれば残業申請が可能です。

即戦力のプロなのですから、定時帰りがあたりまえです。

 

そのため、だらだら会社に残って同僚と話をしたいタイプの人は派遣薬剤師には向かないでしょう。

やるべき仕事をこなして、受け取るべき報酬を受け取る。

それが派遣薬剤師です。

派遣薬剤師は個人事業主やフリーランスに近い

派遣薬剤師は個人事業主やフリーランスに近い働き方です。

 

派遣会社のエージェントと打ち合わせをしながら、自分の時給や働き方、次の就業先などを調整します。

 

個人事業主としての申請を出すことも可能です。

確定申告を行うことで、様々のものが『経費』として認められる可能性があります。

 

普通のサラリーマンにはない生き方ができます。

派遣薬剤師のデメリット

派遣薬剤師の最大のデメリットは『みんなと違う』ことです。

 

一般的な正社員の薬剤師と違って『派遣』薬剤師です。

時給も『みんな』の倍近くあります。

『みんな』が残業しているのに、あなたは定時でかえります。

『みんな』が週休2日なのに、あなたは働くのが週2日でも良いのです。

 

抽象的ですが、みんなと違うという漠然とした不安が、最大のデメリットだと思います。

派遣薬剤師は将来が不安定?

派遣薬剤師は将来が不安定だという情報を見かけることがあります。

たしかに、3ヶ月契約の就業先の場合、3ヶ月後の就業先は決まっていないわけです。

しかし・・・

それってどんな仕事でもそうじゃないですか?

超がつくほど有名な国立病院の薬剤部でさえ、人事異動で上司が変わるだけで、薬剤部の空気が一変し、働くことが辛くなるかもしれません。

それで心や体を壊してしまえば…?

何をやっても、数カ月後のことなんて分からないのです。

 

実際に派遣薬剤師をやってみると分かりますが、次の就業先がない、なんてことはほぼありえません。

もちろん今後どうなるかなんてわかりません。

 

しかし、それはなにをやっていても一緒のはずです。

 

全てを分かっているかのような、未来を予言できるかのような情報には注意が必要です。

人口動態や薬剤師数などから、今後の動向を“占う”ことができますが、それはあくまでも占いです。

その程度の情報で本当に薬剤師の未来のことが分かるなら、医療関連の株で大儲けできますよね。

自分で会社を作っても成功間違いなしです。

つまり、未来は分からないということです。

派遣薬剤師に向いている薬剤師とは?

以上のようなメリットやデメリットを総合すると…

 

さまざまな事に挑戦したいフリーランス志向の薬剤師さんが、派遣薬剤師に向いているといえるでしょう。

 

自分のやりたい事がある。

自分の時間が必要だしある程度の給料も必要。

だから時給の良い派遣で働く!

 

自分の夢がある。

夢のために大きな資金が必要。

だから今年はダブルワークで年収1200万円を目指す!

 

人との違いを受け入れられる、目標や夢がある薬剤師さんが、派遣薬剤師に向いているのだと思います。*)個人の感想ですが…

 

みんなと同じように決められた時間に職場に行くことに疑問がない。

毎日指示された仕事をやっていることに不満はあるが、別にそれでもいい。

毎日単調で退屈だけど、薬剤師ってそういうものだから…。

もしもこんなふうに考えているのだとしたら、派遣薬剤師はやめておきましょう。

 

いくらお金を稼いでも『みんなと違う』という不安は消えません。

それは決して幸せなことではありません。

 

また、派遣薬剤師には時給の交渉や、より要案件のための調査、自己研鑽が欠かせません。

 

みんなと一緒なんてありえません。

 

自分で挑戦したいことがある!

 

フリーランスのように自分のことは自分で決めたい!

 

そんな薬剤師さんには派遣薬剤師をおすすめします。

 

まずはエージェントに話を聞いてみましょう。

 

考えるのはそれからです。

 

»派遣薬剤師の無料相談はこちらから

ファルマスタッフ公式サイトへ

 

派遣薬剤師の体験談や口コミは?

このサイトでは、派遣薬剤師の体験談を作成しています。

派遣薬剤師の苦労や給料などをぶっちゃけていますので、よろしければご覧ください。

»派遣薬剤師体験記はこちら

 

実際の派遣薬剤師さんにインタビューをした記事も公開しています。

働き方の参考にしてみて下さい。

»定時帰りで年収1000万オーバー!派遣薬剤師の生活とは?

ツイッターでも話題になりつつある

 

今後働き方改革が進み、派遣薬剤師になりたいという人が増えれば、自然と時給は低下していくかもしれません。

 

気になる人は早めに行動することが懸命です。

 

»まずは無料相談をしてみましょう

ファルマスタッフ公式サイトへ

 

おすすめの派遣会社を紹介

最後におすすめの大手派遣会社を紹介しておきます。

 

ポイントは、1社だけではなく複数社に話を聞いてみることです。

 

派遣会社によって時給や案件が異なるだけではなく、薬剤師の動向や持っている情報が違います。

 

実際の派遣薬剤師も、複数社に登録することで、時給や待遇を競わせて、よりよい環境で働けるように工夫しています。

 

同じことを何回も聞くのはめんどうな作業ですが、リスクを分散させるためにも、必ず複数社登録しておくことをおすすめします。

 

ちなみに…僕は大手三社に登録しています。

日本調剤のファルマスタッフ

↓バナーをクリックして公式サイトへ

ファルマスタッフは日本調剤グループです。

日調以外の案件も豊富ですし、何より時給単価が高いです。

特に日調関連の就業先であれば、他社が持っていないような高時給を提案してくれます。

サポートも非常に充実しており、職場で困った事があれば、エージェントに連絡すると、すぐに駆けつけてきてくれます

コーヒーを飲みながら、ただの愚痴を聞いてくれます(笑)

ひとりになりがちな派遣薬剤師にとって、こういうサポートってとても嬉しいものです。

»ファルマスタッフ公式サイト

【国内最大手】エムスリー



派遣求人を調べるのであれば、エムスリーは欠かせません。

国内最大手のエムスリーだからこそ、案件(就業先)数が抜群です。

サポート体制も非常に充実しており、エージェントとは定期的に電話で打ち合わせを行います。

非常に丁寧で親切に対応してくださいます。

時給や待遇(交通費や家賃補助など)の交渉も上手く行ってくれるので、非常に助かっています。

サポートが充実しているエムスリーはとにかく安心できます。

»エムスリーキャリア公式サイトへ

ジョブデポ



ジョブデポは派遣求人を紹介していません。

しかし!!

無料登録をしておくだけで情報を引き出すことが可能です

注意)転職する気はありません!情報だけください!なんて言ってはいけませんよ(笑)

派遣薬剤師以外の求人動向を知っておくことは武器になります。

たとえば…

エムスリーで派遣求人を受けている就業先に、ジョブデポで正社員求人が出ていたとします。

つまりその就業先は『まだまだ薬剤師が足りてない』ことを意味しています。

現在時給3500円で3ヶ月契約なのだとしたら、次は3800円で3ヶ月契約延長をできる可能性が高いです。

このように、複数社登録することは非常にメリットがあります。

»薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師

派遣薬剤師という働き方

派遣薬剤師という働き方を紹介しました。

 

自分の生き方は自分で決めたい!!

 

そういう薬剤師さんは一度派遣薬剤師を検討してみてはいかがですか?

 

今の職場が辛いなら…

 

今の働き方が自分にあっていないと感じるのなら…

 

考えてみる価値はあると思います。

 

»迷っているなら働き方のプロに相談しましょう

ファルマスタッフ公式サイトへ

 

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!