生活習慣病

【SPPARMαとは?】パルモディアの作用メカニズムと臨床試験を紹介する

こんにちは!

フリーランス薬剤師のはいたっちです!!
>>詳しいプロフィールがこちら

新規脂質異常症(高脂血症)治療薬であるパルモディア(ペマフィブラート)は、PPARαモジュレーター(SPPARMα)の概念に基づいて創薬された薬剤であり、標的遺伝子を選択的に調節することで、中性脂肪(TG)低下作用や、HDL-C増加作用等が期待できる薬剤です。

今回は、PPARαモジュレーター(SPPARMα)ってなに?という人のために、パルモディアの作用メカニズムを分かりやすくまとめます。

この記事にかいてあること
  • パルモディアの作用メカニズムや特徴
  • パルモディアの臨床試験紹介
  • パルモディアの基本情報(DI)

パルモディアの特徴や薬理作用は?

パルモディアはPPARαの標的遺伝子を選択的に調節することで、TG低下作用やHDL-Cを増加させる作用を持つ薬剤である!

パルモディアの作用機序を説明すると、上記のようになるのですが、これではほとんど意味が分かりません。

そこで、もう少し分かりやすく作用メカニズムを紹介します。

パルモディアの作用メカニズム

  1. パルモディアは、核内受容体のひとつであるPPARαに選択的に結合する
  2. PPARαの立体構造を特異的に変化させる
  3. RXRと複合体を形成してコアファクターを動員
  4. 遺伝子の転写を調節

遺伝子の転写を調節して中性脂肪(TG)を低下させる

パルモディアの作用機序をみてみると、なんだかいろいろと難しい経路をたどっていますが、最終的には、『遺伝子の転写を調節することで』中性脂肪(TG)を低下させるということです。

加えて、HDL-Cを増加させる作用も持っています。

【パルモディアの特徴】PPARαの選択性が高い

パルモディアの特徴として、PPARαの選択性や活性が高いということが知られています。

受容体の選択性が高いことも、パルモディアの特徴の一つです。

パルモディアは遺伝子の転写を調節することで、TG低下やHDL-Cの増加が期待できる薬剤である!

パルモディアの臨床試験を紹介

パルモディアの臨床試験を紹介します。

参考サイト:TGnavi

第Ⅲ相 長期投与試験

TG低下作用

画像:参考サイトより引用

パルモディアは長期にわたりTG低下作用を示しています。

臨床試験の概要

  • 多施設共同、非盲検試験
  • 脂質異常症患者(150mg/dL≤空腹時血清TG<500mg/dL)
  • パルモディア0.2mg/日(効果不十分の場合、12週以降に0.4mg/日に適宜増量可)を1日2回に分けて朝夕食前又は食後に52週間経口投与

【DI情報】パルモディア(ペマフィブラート)の基本

参考:添付文書

パルモディアの効能効果

高脂血症(家族性を含む)

LDL-コレステロールのみが高い高脂血症に対し、第一選択薬とはしないこと。

パルモディアの用法用量

通常、成人にはペマフィブラートとして1回0.1mgを1日2回朝夕に経口投与する。

なお、年齢、症状に応じて適宜増減するが、最大用量は1回0.2mgを1日2回までとする。

パルモディアの禁忌

  1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 重篤な肝障害、Child-Pugh分類B又はCの肝硬変のある患者あるいは胆道閉塞のある患者
  3. 中等度以上の腎機能障害のある患者
  4. 胆石のある患者
  5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
  6. シクロスポリン、リファンピシンを投与中の患者

胆石のある患者は禁忌です!注意しましょう。

パルモディアの薬価

パルモディア錠0.1mg:33.9円

同効薬のベザトール(100mg:20.5円)と比べてみると、特別に高い薬価が設定されているというわけではなさそうですね。

脂質異常症関連のおすすめ参考書

動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診療ガイド 2018年版

脂質異常症(高脂血症)の治療戦略を分かりやすく学ぶためには、動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症診療ガイド 2018年版がおすすめです!

脂質異常症関連の勉強をしている方は、ぜひチェックしてみて下さい。

薬剤部や薬局に1冊はあると便利ですよ!

薬剤師こそもっと自由な働き方を!

こんなはずじゃなかった…
仕事が辛い…
人間関係が最悪…
もう無理をするのはやめましょう。
あなたに合った職場はきっとあります!

 

こちらも合わせてどうぞ!