薬剤師

患者との不毛なやり取りに疲れた…薬剤師も辛いですよ…

怒らない習慣力

こんにちは!

フリーランス薬剤師のはいたっちです!!
>>詳しいプロフィールがこちら

調剤薬局で働いていると、いろんな患者に出会いますよね。

薬剤師として、医療人のひとりとして患者に接してはいるものの、中には『イラっ』とすることもあります。

今回は、出口の見えない議論で時間を浪費したというエピソードをご紹介します。

処方がないんだから仕方ないんだよ!って何度言っても分かってもらえない件

80代くらいのおばあさんが来局しました。

そのおばあさんは既に数回の来局歴があり、毎回いつもの定期薬が処方されています。このおばあさんも例外ではなく、高齢者特有の『大量の湿布』が処方されています。

が…

今回は湿布薬が処方されていません。

『家にあまっているのかな?とりあえず患者に聞いてみるか』

他の薬剤を準備して・・・

『〇〇さん。今回は湿布薬が処方されていないみたいですが、家にあまってますか?』

すると・・・

『あまっているわけないだろう!なんだ?老いぼれには湿布薬も渡さないということか?薬もよこさずに!殺すつもりか!?

まさに激昂です。

何が気に障ったのかはわかりませんが、患者さんが怒っているのであれば、まずは謝るしかありません。

『すみませんすぐにクリニックに確認しますのでお待ちください』

すると…

『いつももらっているんだから確認なんかしなくてもいい!すぐによこせ!』

こうなると…ほんとにもう…何を言っても無駄です。

『すみませんすぐに対応しますので…』

『すみませんじゃない!なんで私には湿布がもらえないんだ!?』

理屈とかではないのだと思います。どうして?と聞かれたからその理由を答えると、それはそれで気分を害するようで、『なんで?どうして?』を連発されます。

『どうするつもりだ?』とプレッシャーをかけられ…

出口の見えないただただ不毛な時間だけが過ぎていきます。

もちろん、他の患者さんの待ち時間は増えます。

だからといって、このおばあさんを無視することもできません。

最終的には、他のスタッフがクリニックに問い合わせて、湿布をお渡ししたのですが、それでも納得がいってない様子で、最後まで怒りを爆発させていました。

罪悪感とか感じないのかな・・・?

ご本人は感情を爆発させてスッキリしたのかもしれませんが、その場に居合わせた多くの人は、何も悪くないのに貴重な時間を奪われています。

たしかに、『処方し忘れた』というミスがあったのかもしれません。

ファーストタッチで気分を害してしまったということは、患者サービスが不足していたのかもしれません。

だからといって、ここまで不毛な議論をする必要はないんじゃないかなぁ…と思うわけです。

薬剤師向け雑誌には『患者さんは心にも傷を負っているのだから、怒りに傾聴しましょう』、みたいな、聖人ぶったことが書かれていますが、『じゃああんたやってみろよ!』って感じですよね。

謝罪し、なぜこうなったのかという理屈を説明し、それでも納得できないという人にはどうしたらいいのでしょうか。

こういうケースって、なんだかすごく不毛な時間を過ごしている気がするんですよね…

お互いに…

怒りを鎮めるためのおすすめ方法

 

参考書籍

 

 

薬剤師こそもっと自由な働き方を!

こんなはずじゃなかった…
仕事が辛い…
人間関係が最悪…
もう無理をするのはやめましょう。
あなたに合った職場はきっとあります!

 

こちらも合わせてどうぞ!