薬局女子

これがポリファーマシーの実態!?歳と共に増えるのはシワだけにしてくれ!

こんにちは。

 

きのこです

 

そんなに薬って飲みたいものなの?

薬が減量になるという事は、『喜ばしいこと』だと思っていました。

 

薬が減る(減薬する)理由としては、副作用が出現して減量せざるを得ない場合や、病状が悪化して手の施しようが無くなった場合を除けば、『症状改善による減薬』が大半かと思います。

 

もちろん、全く効かなかったから中止するという場合もあります。

 

しかし、薬が減るということは、基本的に『良かったね』でいいんじゃないでしょうか。

 

・・・って私は思ってました。

 

ある日、ある患者さんの『ガスモチン』が中止になりました。

 

きのこ

今回からおくすり減ってますね。症状は良くなってきましたか?

 

「なんとなくですけど・・・。なんで薬減らされたんだろう?」

 

きのこ

医師はなんて言っていましたか?

 

「よくなっているし薬を減らそうと言われました。」

 

きのこ

よかったじゃないですか!

 

「そうなんですけど、薬が減るとなんだか不安で・・・できれば減らさないでほしいんだけど」

 

きのこ

病状が良くなっているのだから、無理に薬を飲む必要はありませんよ。

 

「薬を飲んでないとどうも調子が悪い気がして・・・」

 

きのこ

そっ・・・そうなんですか・・・

 

この患者さんは、10種類以上の薬を内服しています。

 

それでも『ガスモチンを減らさないでくれ』って言っています。

 

こういう患者さんっていませんか?

 

やっと1剤減薬できたにもかかわらず、薬が減ることを拒む患者さんは結構いる気がします。

 

スポンサーリンク


一度使った薬はやめられない!?

“キレ”の良い薬というのは、効果判定がしやすいと思います。

 

胃の不快感に対して『タケキャブ』を使用すると、劇的に症状が改善します。

 

一方で、『ムコスタ』や『ガスモチン』や『セルベックス』などなど・・・効いてるのか効いてないのか分からないような薬(関係者の方すみません)の場合、“やめ時”が分かりません。

 

NSAIDsなどの補助薬としてムコスタを使っている場合は別として、明らかな病変もなく、「なんだか胃がムカムカする」なんていうおじいさんやおばあさんにムコスタを使った場合、いつやめればいいかという判断は難しいと思います。

 

そんなこんなで、あれよあれよという間に、薬の量は増えていきます。

 

薬がやめられない理由は、医療関係者側だけにあるのではなく、患者側にもあるのかな・・・

 

なんでそんなに薬が飲みたいんだろう。

 

薬屋の私がこんな事を言うのはおかしいかもしれませんが、みんな薬飲み過ぎじゃない??

 

歳とともに増えるのはシワだけにしてくれ。

 

そんな事を思った1日でした。

 

おしまい。

 

人気シリーズ

 

調剤薬局に転職するならこちらがおすすめ

 全国の情報や派遣求人の見通しなど貴重な情報が手に入ります。

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

 

 情報量がものすごい!こちらも必ず登録すべきです。

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア


 派遣以外の求人数がすごい!派遣以外の市場調査もしましょう。

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円のお祝い金】

 

薬剤師さんに人気の記事

 

【この記事の執筆者】
きのこさん/調剤薬局薬剤師
総合病院勤務後調剤薬局に転職したオタク女子

 

【この記事の編集者】
Hitouch「T」
HitouchLIFEという雑記ブログの管理人
医療・投資・自己啓発系のライティングを得意とする医療ライター
オススメ HitouchLIFE

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!