感染症

インフルエンザの解熱にロキソニンやバファリンを使ってはダメな理由

インフルエンザの解熱にはアセトアミノフェン(アンヒバ・カロナールなど)が推奨されます。

アスピリンなどのNSAIDsライ症候群インフルエンザ脳症との関連が疑われています。

特に小児の解熱には使用しないように注意しましょう。

アスピリンによるライ症候群に注意

インフルエンザのようなウイルス性疾患に対して、アスピリンなどのサリチル酸系解熱鎮痛薬を使用すると、ライ症候群の発現リスクが上昇するといわれています。

ライ症候群とは?

ライ症候群とは、インフルエンザや水痘などの感染後(特にアスピリンを服用している小児)に、急性脳症肝臓の脂肪浸潤を引き起こし、生命にもかかわる原因不明で稀な病気です。

1980年代にアメリカのCDC(疾病予防管理センター)がライ症候群とアスピリンの関連を指摘し、ウイルス性疾患(インフルエンザや水痘)の小児にアスピリンを使用しないように注意を呼びかけたところ、ライ症候群の発症は劇的に低下しました。

参考文献≫Reye’s syndrome in the United States from 1981 through 1997.

ジクロフェナクやメフェナム酸によるインフルエンザ脳症に注意

インフルエンザの解熱剤において注意すべきはライ症候群だけではありません。

ジクロフェナクメフェナム酸の使用でインフルエンザ脳症のリスクが増加することが分かっています。

参考文献≫Prognostic factors in influenza-associated encephalopathy.

インフルエンザ脳症とは?

インフルエンザ脳症は高熱痙攣昏睡といった症状が急激に進行する重篤な疾患です。

インフルエンザ脳症を発症すると、場合によっては神経機能に不可逆的な障害が残ることも考えられます。

インフルエンザの解熱にはアセトアミノフェンを使うべし!

インフルエンザの解熱(特に小児の場合)にはNSAIDsは避けた方が無難です。

インフルエンザ解熱にはアセトアミノフェンを使用しましょう。

Amazonなどで買える解熱剤に注意

【指定第2類医薬品】バファリンA 頭痛・熱に (80錠+10錠) 90錠

今はドラッグストアやAmazonなどでも気軽にNSAIDsを手に入れることができます

しかし…

『病院に行くのがめんどう』とか、『処方薬をもらうのに時間がかかるから』などの安易な理由で、インフルエンザの解熱にNSAIDsを使用するのはやめましょう

インフルエンザや水痘などの『ウイルス性疾患』の場合に限ります。

まだ間に合う!今ならまだ高時給の転職先が見つかります!


職場の人間関係に悩んでいませんか?

薬剤師の仕事は好きだけど…職場の人間関係には耐えられない

薬剤師の資格を持つあなたなら!いつでも転職が可能です!

悩みすぎて心が傷つく前に…あなたの力を活かせる職場に転職して下さい。

いまならまだ!薬剤師の需要はたくさんあります!

今後薬剤師の『飽和』も予想されるため、高時給や高待遇の案件が残っているうちに転職をしておくというのは賢明な判断です。

アンサングシンデレラ3巻発売中!

薬剤師こそもっと自由な働き方を!

こんなはずじゃなかった…
仕事が辛い…
人間関係が最悪…
もう無理をするのはやめましょう。
あなたに合った職場はきっとあります!

 

こちらも合わせてどうぞ!