リウマチ・ロコモ

新規骨粗鬆症薬!イベニティのデュアルエフェクトとは!?

こんにちは!

フリーランス薬剤師のはいたっちです!!
>>詳しいプロフィールがこちら

イベニティ(一般名:ロモソズマブ)という、新規骨粗鬆症治療薬が登場しました。

イベニティは、スクレロスチンというタンパク質をターゲットとした、新しい作用機序の骨粗鬆症治療薬です。

イベニティの特徴的な作用機序臨床効果を紹介します。

イベニティ(ロモソズマブ)の作用機序

イベニティは、ヒト化スクレロスチンモノクロナール抗体という、新しい作用機序をもつ骨粗鬆症治療薬です。

イベニティは、スクレロスチンというタンパク質をターゲットとした、分子標的薬に分類されます。

イベニティの作用機序を理解するためには、スクレロスチンについて知っておかなければなりません。

まずは、スクレロスチンについてご紹介します。

スクレロスチンの作用

スクレロスチンは、骨細胞によって骨の内部で産生される糖タンパク質です。

スクレロスチンは、骨芽細胞による骨形成を抑制し、破骨細胞による骨吸収を促進します。

その結果、スクレロスチンによって骨量の減少が惹起されます。

 

スポンサーリンク


イベニティのデュアルエフェクト

スクレロスチンによって、骨量の減少が引き起こされる事が分かりました。

ということは…

抗スクレロスチン抗体であるイベニティを使用し、スクレロスチンの作用を阻害すると、骨強度の改善が期待できるということになります。

イベニティは、骨形成促進作用骨吸収抑制作用を併せ持つ薬剤です。

この2つの作用が、デュアルエフェクトとよばれています。

イベニティの骨形成促進作用

  • 骨ライニング細胞を活性化
  • 骨芽細胞を活性化
  • 骨芽細胞前駆体の分化を誘導

イベニティの骨吸収抑制作用

  • 破骨細胞の活性抑制

イベニティは骨形成作用骨吸収抑制作用を併せ持つ薬剤である!

その作用はデュアルエフェクトとよばれている!

【FRAME試験】イベニティの臨床試験

参考文献≫Romosozumab Treatment in Postmenopausal Women with Osteoporosis

試験デザイン

  • 閉経後骨粗鬆症患者7180例を対象
  • プラセボ対照
  • 国際多施設共同第三相臨床試験

評価項目

主要評価項目:12か月および24か月時点の新規椎体骨折発生率

結果

Romosozumab Treatment in Postmenopausal Women with Osteoporosis

イベニティ投与により、新規椎体骨折の相対リスクは73%低下しました。

プラセボと比較しても、有意に骨折リスクを低下させています。

 

スポンサーリンク


イベニティのDI情報

最新情報は添付文書をご確認ください

イベニティの効能効果

骨折の危険性の高い骨粗鬆症

イベニティの用法用量

ロモソズマブとして210mgを1ヶ月に1回、12か月皮下投与

イベニティの重大な副作用

  • 低カルシウム血症
  • 顎骨壊死
  • 非定型骨折
\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!