がん

【胃がん】ゼローダ(カペシタビン)の減量方法について紹介します!

胃がんにおいてゼローダ(カペシタビン)が使用されるレジメン

  • XP+ハーセプチン
  • CapeOX+ハーセプチン
  • CapeOX

胃がんにおけるゼローダ(カペシタビン)の減量方法

ゼローダはがん種(レジメン)によって用法用量が異なります。

参考資料≫適正使用ガイド

ゼローダ(カペシタビン)減量時の1回投与量

対表面積(m2)初回投与量1段階減量2段階減量
<1.361200mg900mg600mg
1.36≦BSA<1.411500mg900mg600mg
1.41≦BSA<1.511500mg1200mg600mg
1.51≦BSA<1.661500mg1200mg900mg
1.66≦BSA<1.811800mg1200mg900mg
1.81≦BSA<1.961800mg1500mg900mg
1.96≦BSA<2.112100mg1500mg900mg
2.11≦2100mg1500mg1200mg

ゼローダ(カペシタビン)減量・休薬基準

ゼローダの減量・休薬基準をまとめます。

グレード2またはグレード3の非血液毒性

  • 1回目:1段階減量
  • 2回目:2段階減量
  • 3回目:投与中止

グレード2の血液毒性

  • 1回目:減量不要
  • 2回目:1段階減量
  • 3回目:2段階減量
  • 4回目:投与中止

グレード3の血液毒性

  • 1回目:1段階減量
  • 2回目:2段階減量
  • 3回目:投与中止

グレード4の血液毒性・非血液毒性

  • 投与中止

治療が患者にとって望ましい判定された場合は、2段階減量で再開

 

ゼローダの副作用対策はこちら
【抗がん剤の副作用対策】ゼローダによる手足症候群を総まとめ!分かりやすく解説! こんにちはHitouchの「T」です。 @hitouch_life 大腸がん・胃がん・乳がんなど様々ながん腫で活...

参考書籍:がん必須ポイント

がん専門・認定薬剤師を目指す方や、がん化学療法認定看護師を目指す方におすすめの書籍が、『がん専門・認定薬剤師のための がん必須ポイント 第4版』です。

がん専門薬剤師が10名近く在籍するという、薬剤師界隈では有名な、岐阜県の大垣市民病院が作成しています。

薬剤師が作成しているだけあって、非常に分りやすく、勉強になります。

がん専門薬剤師がん認定薬剤師の試験対策には必須の一冊です。

ぜひチェックしてみて下さい。

専門資格試験には必須です

まだ間に合う!今ならまだ高時給の転職先が見つかります!


職場の人間関係に悩んでいませんか?

薬剤師の仕事は好きだけど…職場の人間関係には耐えられない

薬剤師の資格を持つあなたなら!いつでも転職が可能です!

悩みすぎて心が傷つく前に…あなたの力を活かせる職場に転職して下さい。

いまならまだ!薬剤師の需要はたくさんあります!

今後薬剤師の『飽和』も予想されるため、高時給や高待遇の案件が残っているうちに転職をしておくというのは賢明な判断です。

アンサングシンデレラ3巻発売中!

薬剤師こそもっと自由な働き方を!

こんなはずじゃなかった…
仕事が辛い…
人間関係が最悪…
もう無理をするのはやめましょう。
あなたに合った職場はきっとあります!

 

こちらも合わせてどうぞ!