がん

『TC療法』を受けているという人が来局…その時どう対応する?

 

臨床薬剤師におすすめ!

このサイトでは実臨床で活用できる薬の知識をご紹介しています。

毎日6時に更新しています。

どの記事も2-3分で読めるものばかりです。

スキマ時間の学びにご活用ください。

TC療法を受けているという人が来局…どうする?

総合病院にてTC療法を施行されているという患者さんが来局しました。

『がん』の患者さんであり、『TC療法』を受けているということを患者さんが教えてくれました。

TC療法のことがイマイチわからなかった私は、TC療法やがんの話題には触れずに当たり障りのない服薬指導をしました。

その後ネットで調べると、TC療法はカブボプラチンとパクリタキセルだということが分かりました。

TC療法を行われている患者さんには、どのような副作用に注意して聞き取りを行うのがよいでしょうか?

今後の参考に教えてください。

【注意】乳がんのTC療法と婦人科がん(卵巣・子宮)のTC療法は別物!

当該患者さんは『がん』であり、TC療法を施行されているということですが、その患者さんは『なにがん』なのでしょうか?

一般的に『カルボプラチンとパクリタキセル』を使用するTC療法卵巣がん子宮体(頸)がんに使用されます。(非小細胞肺がんの可能性もあり)

一方で、乳がんのTC療法では『ドセタキセルとエンドキサン』が使用されます

このように、同じTC療法であっても、婦人科がんと乳がんでは使用する薬剤が全く異なります。

TC療法という言葉だけでがん種は分からない

卵巣がん・子宮がんTC療法:PTX+CBDCA

パクリタキセル 175-180 / m2 day1

カルボプラチン AUC5-6 day1

21日サイクル

  • パクリタキセルによる末梢神経障害や脱毛に注意
  • PTXによる過敏症に注意

乳がんTC療法:DTC+CPA

ドセタキセル 75mg / m2 day1

エンドキサン 600mg / m2 day1

21日サイクル

  • ドセタキセルによる浮腫に注意→足のむくみには注意しましょう
  • 脱毛に注意
  • 爪の変成が起こる場合がある

似た名前のレジメンに注意!必ずがん種を確認しましょう!

レジメンに限らず、似た名前の略語にも注意が必要です。

一般名と商品名の聞き違いにも注意しましょう。

たとえば…アリミデックスノルバデックスでは全く別物です。

一般名を使うことを心がけると良いでしょう。

参考書籍:がん必須ポイント

がん専門・認定薬剤師を目指す方や、がん化学療法認定看護師を目指す方におすすめの書籍が、『がん専門・認定薬剤師のための がん必須ポイント 第4版』です。

がん専門薬剤師が10名近く在籍するという、薬剤師界隈では有名な、岐阜県の大垣市民病院が作成しています。

薬剤師が作成しているだけあって、非常に分りやすく、勉強になります。

がん専門薬剤師・がん認定薬剤師の試験対策にはもってこいの一冊です。

ぜひチェックしてみて下さい。

専門資格試験には必須です

知らなきゃ損!時給5000円の高額求人がこちら




≫詳細はコチラをクリック

薬剤師こそもっと自由な働き方を!

こんなはずじゃなかった…
仕事が辛い…
人間関係が最悪…
もう無理をするのはやめましょう。
あなたに合った職場はきっとあります!

 

こちらも合わせてどうぞ!