がん

ゲムシタビンの血管痛に対する適切な対応方法は?投与速度延長に注意!

臨床薬剤師におすすめ!

このサイトでは実臨床で活用できる薬の知識をご紹介しています。

毎日6時に更新しています。

どの記事も2-3分で読めるものばかりです。

スキマ時間の学びにご活用ください。

ゲムシタビン(GEM)は血管痛・注射部位反応に注意

GEMの血管痛(注射部位反応)は1-10%の患者に発現すると報告されています。

GEMは様々ながん種のキードラッグであるため、血管痛に悩まされるケースは非常に多いです。

そんなGEMの血管痛に対する対策をまとめていきます。

GEMの血管痛の対応方法

GEMの血管痛への対応で注意すべきは、『安易に投与時間を延長してはいけない』ということです。

その理由は後ほど紹介します。

まずは血管痛への対策方法をまとめます。

GEMは血管痛が出現しても投与時間を延長してはいけない!

対策:温める

ホットタオルなどを使用して静脈を温めることで、血管が拡張し血流量が増加します。

これによって血管痛が緩和できる場合があります。

5%ブドウ糖液に溶解(側管投与)

添付文書上ではGEMの溶解液は生理食塩液と規定されていますが、5%G溶液に溶解して投与することで血管痛が40%軽減したという報告が存在します。

参考文献≫Use of glucose solution for the alleviation of gemcitabine-induced vascular pain: a double-blind randomized crossover study.

GEMは投与時間を延長してはいけない!?

GEMは投与時間が60分以上になると骨髄抑制が増強することが知られています。

そのため、GEMは安易に投与時間を延長してはいけません

添付文書上でもGEMの投与時間は30分と規定されており、これに準じて投与を行う必要があります。

参考文献≫Prolonged infusion gemcitabine: a clinical phase I study at low- (300 mg/m2) and high-dose (875 mg/m2) levels.

血管痛や過敏症を回避するために行われる『投与時間の延長』を、GEMに適応してはいけない

参考書籍:がん必須ポイント

がん専門・認定薬剤師を目指す方や、がん化学療法認定看護師を目指す方におすすめの書籍が、『がん専門・認定薬剤師のための がん必須ポイント 第4版』です。

がん専門薬剤師が10名近く在籍するという、薬剤師界隈では有名な、岐阜県の大垣市民病院が作成しています。

薬剤師が作成しているだけあって、非常に分りやすく、勉強になります。

がん専門薬剤師・がん認定薬剤師の試験対策にはもってこいの一冊です。

ぜひチェックしてみて下さい。

専門資格試験には必須です

時給5000円クラスの高額派遣案件あり!



薬剤師こそもっと自由な働き方を!

こんなはずじゃなかった…
仕事が辛い…
人間関係が最悪…
もう無理をするのはやめましょう。
あなたに合った職場はきっとあります!

 

こちらも合わせてどうぞ!