【重要】新型コロナウイルスについて

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供/

 
 
≫詳細がこちら

NEWS

【質問】アスピリンが健康な高齢者の心血管イベントを抑制すると思う?

こんにちはHitouchです。
@hitouch_life

 

アスピリンは心血管イベントの二次予防に用いられる医薬品として、十分に確立されたエビデンスを持っています。

 

しかし、心血管疾患の「一次予防」としての効果は未知の部分が多く、とりわけ高齢者において明らかではありません。

 

アスピリンはエビデンスが豊富なだけではなく、安価で副作用も軽度です。

 

心血管イベントの一次予防にも効果があるという事であれば、ものすごい費用対効果が想定されます。

 

実際の効果はどうなのでしょうか?

 

こんな事を調べた臨床試験が報告されています。

 

参考
【アスピリンジレンマ!?】あなたはどこまで知ってる?バイアスピリンの事を

健康な高齢者における心血管イベントに対するアスピリンの効果とは?

参考文献
Effect of Aspirin on Cardiovascular Events and Bleeding in the Healthy Elderly

臨床試験の方法

2010~14 年に、オーストラリアと米国の地域住民男女で年齢が70歳以上で、心血管疾患、認知症、身体障害のない人が対象。

対象者をアスピリン群とプラセボを投与する群に無作為に割り付け。

主要評価項目

死亡、認知症、持続性の身体障害

副次的評価項目

重大な出血、心血管疾患(致死的冠動脈疾患・非致死的心筋梗塞・致死的非致死的脳卒中・心不全による入院と定義)

結果

試験参加者19114人

アスピリン群(n=9525)、プラセボ群(n=9589)

心血管疾患の発生率:アスピリン群 10.7件/1000人、プラセボ群 11.3 件/1000人(ハザード比 0.95,95%信頼区間 [CI] 0.83~1.08)。

重大な出血の発生率:アスピリン群 8.6 件/1000人、プラセボ群6.2 件/1000人(ハザード比 1.38,95% CI 1.18~1.62,P<0.001)。

結論

高齢者の心血管疾患の一次予防として、低用量アスピリンの使用は、プラセボと比較して心血管疾患のリスクに有意な低下が認められず、重大な出血リスクは上昇した。

あとがき

試験結果はネガティブでした。

 

一次予防効果が認められれば、アスピリンが夢の薬になるところでしたが・・・残念です。

 

アスピリンは血液をサラサラにする薬である事は間違いありませんが、血液をサラサラにすることで、どんなメリットがあるのかを知っておくと良いでしょう。

 

少なくともこの試験の結果では、アスピリンを使って血液をサラサラにしたところで、心血管イベントの一次予防にはならない事が明らかとなりました。

 

Sincerely,

Hitouch

 

アスピリンの関連記事

 

薬剤師さん!その給料で本当に満足ですか?

 全国の給料水準や薬剤師求人見通しなど貴重な情報が手に入ります。

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

 

 情報量がものすごい!こちらも必ず登録すべきです。

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア


 薬剤師の需要と供給のバランスを把握しましょう。

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円のお祝い金】

 

薬剤師さんに人気の記事

 

【この記事の編集者】
Hitouch「T」
HitouchLIFEという雑記ブログの管理人
医療・投資・自己啓発系のライティングを得意とする医療ライター
オススメ HitouchLIFE

 

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!