【重要】新型コロナウイルスについて

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供/

 
 
≫詳細がこちら

がん

【4000mgまでOK】カロナールってどのくらい使えるの?

臨床薬剤師におすすめ!

このサイトでは実臨床で活用できる薬の知識をご紹介しています。

毎日6時に更新しています。

どの記事も2-3分で読めるものばかりです。

スキマ時間の学びにご活用ください。

アセトアミノフェン(カロナール)は何mgまで使用できるのか?

アセトアミノフェンNSAIDsとは異なる作用機序で抗炎症作用を発現することが分かっています。

しかし、具体的な作用機序は未だに解明されていません。

アセトアミノフェンの使用量は、1回300~1000mgと患者ごとに大きく異なります。

アセトアミノフェンを使用する際には適応症に注意しましょう。

成人を対象にしています。

鎮痛に使用する場合

通常,成人にはアセトアミノフェンとして,1回300〜1000mgを経口投与し,投与間隔は4〜6時間以上とする。

なお,年齢,症状により適宜増減するが,1日総量として4000mgを限度とする。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

カロナール添付文書

アセトアミノフェンを鎮痛(急性上気道炎除く)に使用する場合は、1日最大4000mgまで使用することができます。

がん性疼痛に使用する場合などは、投与量が不足しないように、積極的に投与することが重要です。

急性上気道炎の解熱に使用する場合

通常,成人にはアセトアミノフェンとして,1回300〜500mgを頓用する。

なお,年齢,症状により適宜増減する。ただし,原則として1日2回までとし,1日最大1500mgを限度とする。また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

カロナール添付文書

急性上気道炎の解熱に使用する場合には、1日投与量は1500mgまでです。

アセリオ(アセトアミノフェン静注製剤)は?

アセリオも鎮痛に関しては4000mg、解熱に関しては1500mgが上限です。

アセリオを使用する際にも『鎮痛』と『解熱』で使用量に注意する必要があります。

急性上気道炎の解熱に使用する場合には、1日投与量は1500mgまで!

アセリオは1バッグ1000mgです!使用量に注意しましょう!

参考書籍:がん必須ポイント

がん専門・認定薬剤師を目指す方や、がん化学療法認定看護師を目指す方におすすめの書籍が、『がん専門・認定薬剤師のための がん必須ポイント 第4版』です。

がん専門薬剤師が10名近く在籍するという、薬剤師界隈では有名な、岐阜県の大垣市民病院が作成しています。

薬剤師が作成しているだけあって、非常に分りやすく、勉強になります。

がん専門薬剤師・がん認定薬剤師の試験対策にはもってこいの一冊です。

ぜひチェックしてみて下さい。

専門資格試験には必須です

時給5000円クラスの高額派遣案件あり!




≫詳細はコチラをクリック

アンサングシンデレラ3巻発売中!

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!