感染症

水痘ワクチンで帯状疱疹が予防できるってホント!?50歳以上は予防接種を!

こんにちは!

フリーランス薬剤師のはいたっちです!!
>>詳しいプロフィールがこちら

帯状疱疹は、体内に潜む水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)によって引き起こされます。

帯状疱疹は50歳以上で発症率が上昇し、年齢とともにリスクが高くなります

水痘(みずぼうそう)に罹患したことがある人は、体内にVZVが潜んでいますので、加齢や免疫能の低下によって帯状庖疹が出現する可能性があります。

帯状疱疹になると神経に沿って発疹が出現し、ピリピリ・チクチクとした痛みが出現します。

加えて、帯状疱疹後神経痛(PHN)とよばれる症状が出現すると、激しい痛みを伴います。

そんな帯状疱疹から身を守るためには、免疫力を上げるということに加えて、ワクチンの摂取が効果的です。

今回は、帯状疱疹の予防接種にも用いられる『水痘ワクチン』について紹介していきます。

【水痘・帯状疱疹の基本】帯状疱疹とはどんな病気?

帯状疱疹になると身体の左右どちらか一方帯状の発疹が発生し、ピリピリと刺すような痛みが出現します。

子供の頃に水ぼうそうにかかったことのある人(大人になってからかかった人も)なら、誰でも帯状疱疹になる可能性があります

水ぼうそうと帯状疱疹の関係

水ぼうそう帯状疱疹も、どちらも水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)に感染することによって発症します。

このVZVに初めて感染した時には水ぼうそうとして発症し、VZV(ウイルス)が神経節内に入り込みます。

水ぼうそうが治った後もウイルスは神経節内に潜み続け…年齢を重ねたり免疫力が低下した時に、帯状庖疹となって再び体を攻撃します。

帯状庖疹の多くは50歳以上になってから発症し、年齢とともにリスクは増加します。

つまり、水ぼうそうと帯状庖疹の原因ウイルスは一緒であり、このウイルスが水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)です。

帯状疱疹後神経痛(PHN)とは!?

帯状疱疹になると、神経に沿って発疹が現れ、ピリピリ・チクチクとした痛みが出現します。

それだけではなく、発疹が消失した後も、持続的な“針でさすような”“焼けるような”痛みが発現することがあります。

この症状を帯状疱疹後神経痛(PHN)といいます。

帯状庖疹治癒後も半年以上PHNを患っている人が10%前後存在するという報告があり、帯状庖疹の厄介な合併症のひとつです。

ここまでのまとめ
  • 水ぼうそうと帯状疱疹は、どちらも水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)の感染によって発症する
  • 50歳以上は帯状疱疹のリスクが増加する
  • 長期間残存する帯状疱疹後神経痛(PNH)に注意

帯状疱疹は水痘ワクチンで予防することができる!

帯状疱疹は強烈な痛みによって、患者のQOLを著しく低下させる厄介な疾患ですが、実は水痘ワクチンで予防することが可能です。

50歳以上の者に対する帯状疱疹の予防

水痘及び50歳以上の者に対する帯状疱疹の予防

水痘ワクチン添付文書より

2016年に水痘ワクチンの効能効果が追加となりました。

50歳以上の人に対する帯状庖疹の予防という適応が追加されています。

帯状疱疹に対する水痘ワクチンの予防効果は?

米国で行われた研究によると、帯状疱疹ワクチン(Zostavaxという製品を使用)の摂取によって、帯状疱疹を発症するリスクを51%低下させるだけでなく、帯状疱疹後神経痛(PNH)になる危険性を67%減らすということが報告されています。

ワクチンを打てば絶対に大丈夫というものではありませんが、ワクチンによって重症化リスクを軽減することも可能であると報告されていますので、帯状疱疹を予防するための有効な手段だと言えるでしょう。

参考文献≫Oxman MN, et al., N Engl J Med 352: 2271-2284, 2005

5年ごとの追加投与がおすすめ!?水痘ワクチンの効果持続期間は?

大規模な研究によって水痘ワクチンの予防効果は3年から11年ほどで低下することが報告されていますが、ワクチン追加投与に関しての具体的な指標はありません

医師と相談の上で、5年から10年ごとに追加摂取を検討してもよいのかもしれません。

参考文献≫Cook SJ, et al., Clin Ther 37: 2388-2397, 2015

【自費診療】水痘ワクチンの予防接種の費用は?

50歳以上の人は水痘ワクチンの予防接種を受けることが可能ですが、予防接種費用は自費になります。

予防接種費用は病院やクリニックによって異なります。

水痘ワクチン投与の注意点

水痘ワクチンは生ワクチンのため、免疫抑制状態の患者は摂取することはできません。

帯状疱疹のリスクが高い免疫抑制状態の患者には使用できないという、生ワクチンであるが故のジレンマが存在します。

がん化学療法中の患者や、リウマチの治療で免疫抑制薬の投与を受けている患者などには注意が必要です。

帯状疱疹は水痘ワクチンで予防することが可能

まとめ
  • 水痘ワクチンの効能効果には『50歳以上の者に対する帯状疱疹の予防』がある
  • ワクチン接種によって帯状疱疹発症リスクとPNHのリスクを低下させることができる
  • ワクチンの効果は3年から11年で減少する
  • ワクチン接種費用は自費となる
  • 水痘ワクチンは生ワクチンである

50歳以上の方は水痘ワクチンの予防接種を検討してみても良いと思います。

薬局の窓口で患者さんに相談された場合にも対応できるようにしておきましょう。

薬剤師こそもっと自由な働き方を!

こんなはずじゃなかった…
仕事が辛い…
人間関係が最悪…
もう無理をするのはやめましょう。
あなたに合った職場はきっとあります!

 

こちらも合わせてどうぞ!