がん

【irAE】間質性肺炎・肺毒性のグレード評価と対応方法

臨床薬剤師におすすめ!

このサイトでは実臨床で活用できる薬の知識をご紹介しています。

毎日6時に更新しています。

どの記事も2-3分で読めるものばかりです。

スキマ時間の学びにご活用ください。

免疫チェックポイント阻害薬の副作用:間質性肺炎とは?

間質性肺炎では、肺の間質に特異的に炎症が起こります。

その結果酸素の取り込みが停滞し、呼吸困難が出現します。

また、病状が進行することで間質が肥厚し、広範囲に線維化が進みます。

薬剤性肺障害の具体的な機序は不明ですが、免疫性細胞の活性化に伴う内皮細胞障害等の理由が考えられています。

間質性肺炎の自覚症状

  1. 咳嗽(痰を伴わない)
  2. 息切れ・呼吸困難
  3. 副雑音の聴取

間質性肺炎の検査所見

  • KL-6(↑)
  • WBC(↑)
  • CRP(↑)
  • SpO2(↓)
  • PaO2(↓)

間質性肺炎のバイオマーカーであるKL-6を定期的に測定しましょう。

画像検査も欠かせません。

CTCAE|間接性肺炎のグレード評価方法

CTCAE:肺臓炎より

Grade1

  • 症状がない
  • 治療を要さない

Grade2

  • 症状がある
  • 内科的治療を要する

Grade3

  • 高度の症状
  • 酸素を要する

Grade4

  • 生命を脅かす
  • 緊急処置を要する

薬剤性間質性肺炎の対処方法は?

参考≫オプジーボ・ヤーボイにおける副作用マネジメントの実際

Grade1

  • 少なくとも2-3週間毎に画像診断
  • 回復した場合は免疫チェックポイント阻害薬の再開を考慮

Grade2

  • 1-3日毎に画像診断。
  • ステロイドの投与(1.0mg/kg/日の静注メチルプレドニゾロン)

Grade3・4

  • 2-4mg/kg/日の静注メチルプレドニゾロンなど

Grade2以上の間質性肺炎が出現した場合は呼吸器専門医へのコンサルタントが必須です。

おすすめ書籍:がん必須ポイント

がん専門・認定薬剤師を目指す方や、がん化学療法認定看護師を目指す方におすすめの書籍が、『がん専門・認定薬剤師のための がん必須ポイント 第4版』です。

がん専門薬剤師が10名近く在籍するという、薬剤師界隈では有名な、岐阜県の大垣市民病院が作成しています。

薬剤師が作成しているだけあって、非常に分りやすく、勉強になります。

がん専門薬剤師・がん認定薬剤師の試験対策にはもってこいの一冊です。

ぜひチェックしてみて下さい。

専門資格試験には必須です

時給5000円クラスの高額派遣案件あり!




≫詳細はコチラをクリック

アンサングシンデレラ3巻発売中!

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!