がん

【切除不能進行・再発胃癌に対する化学療法】治療適応や最適なレジメンは?

胃癌治療ガイドライン 医師用 2018年1月改訂 第5版
臨床薬剤師におすすめ!

このサイトでは実臨床で活用できる薬の知識をご紹介しています。

毎日6時に更新しています。

どの記事も2-3分で読めるものばかりです。

スキマ時間の学びにご活用ください。

切除不能進行・再発胃癌の化学療法の適応は?

2020年現在では、切除不能進行・再発胃癌の化学療法による完全治癒は困難です。

生存期間の中央値は6-14か月とされており、化学療法の目的は『延命』と『症状の緩和』です。

化学療法の効果はBSC(対処療法)との比較研究で証明されており、積極的に行うべき治療ではありますが、目的は『延命』や『症状の緩和』であることを忘れてはいけません。

副作用に苦しみながら無理やり化学療法を続けるというのはおすすめできません。

場合によりますが…

ガイドラインにおける化学療法の適応基準は?

  1. 病理組織診断が確認されている
  2. PS 0-2
  3. 腫瘍臓器機能が保たれている
  4. 重篤な併存疾患がない
  5. 本人からICがとれている

PS3以上の場合には化学療法は一般的に推奨されていません。

推奨されるレジメンは?

切除不能進行再発胃癌のレジメンの決定には『HER2測定』が不可欠です。

一次化学療法:HER2陰性の場合

  • S1+CDDP (A)
  • Cape+CDDP (A)
  • S1+OHP (B)
  • Cape+OHP (B)
  • FOLFOX (B)

一次化学療法:HER2陽性の場合

  • Cape+CDDP+Tmab (A)
  • S1+CDDP+Tmab (B)

二次化学療法

  • Weekly PTX+RAM (A)

三次化学療法

  • Nivolumab (A)
  • CPT11 (B)

オプジーボが使用できるのはサードラインです!

条件付きで推奨されるレジメン等もありますので、詳細は参考書籍(≫胃癌治療ガイドライン 医師用 2018年1月改訂 第5版)をご確認ください。

おすすめ書籍:がん必須ポイント

がん専門・認定薬剤師を目指す方や、がん化学療法認定看護師を目指す方におすすめの書籍が、『がん専門・認定薬剤師のための がん必須ポイント 第4版』です。

がん専門薬剤師が10名近く在籍するという、薬剤師界隈では有名な、岐阜県の大垣市民病院が作成しています。

薬剤師が作成しているだけあって、非常に分りやすく、勉強になります。

がん専門薬剤師・がん認定薬剤師の試験対策にはもってこいの一冊です。

ぜひチェックしてみて下さい。

専門資格試験には必須です

時給5000円クラスの高額派遣案件あり!


日本調剤系列の『ファルマスタッフ』なら、時給5000円以上の転職案件が募集されています。

薬剤師不足の『今だけ』の案件も多いので、転職を視野入れている方は早めにチェックしてみて下さい!


≫詳細はコチラ

アンサングシンデレラ3巻発売中!

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!