【重要】新型コロナウイルスについて

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供/

 
 
≫詳細がこちら

がん

タルセバを食間に内服する理由は?【エルロチニブ】

タルセバ(エルロチニブ)は、上皮増殖因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤に分類される内服抗がん剤であり、非小細胞肺癌や膵癌に使用されています。

タルセバは内服方法に特徴があり、食間に服用しなければいけません。

タルセバの詳細や内服方法についてまとめました。

医療スタッフにおすすめ!

このサイトでは実臨床で活用できる薬の知識をご紹介しています。

毎日6時に更新しています。

どの記事も2-3分で読めるものばかりです。

スキマ時間の学びにご活用ください。

タルセバの内服方法は?

食事の1時間以上前又は食後2時間以降に1日1回経口投与する

タルセバは食事の1時間以上前もしくは、食後2時間以降に内服する必要があります。

タルセバを食間に内服する理由は?

高脂肪、 高カロリーの食後に投与した場合、AUCが増加するとの報告がある。

食事の影響を避けるため食事の1時間前から食後2時間までの間の服用は避ける。

タルセバは高脂肪食の摂取によって『吸収が増加する』可能性があります。

重篤な副作用が発現する可能性も考えられますので、必ず食間に服用しましょう。

高脂肪食・高カロリーの食事とは?

  • 高脂肪食:脂肪が食事中のカロリーの50%を占める食事
  • 高カロリー:約1000キロカロリー

タルセバは起床時・朝食間がおすすめです

朝食から高カロリーな食事を摂取するという人は少ないと考えられます。(患者さんの生活習慣を確認しましょう)

寝る前などに投与するよりも、午前中の空腹時に投与するのがおすすめです。

国内臨床試験は午前中の空腹時に実施されています

タルセバ150mgと25mg・100mgとは適応が違う

タルセバには25mg・100mg・150mgという3規格が存在します。

25mgと100mgには『膵癌と肺がん』の適応がありますが、150mgには『肺がん』の適応しかありません。

適応違いに注意しましょう!

非小細胞肺癌

通常、成人にはエルロチニブとして150mgを食事の1時間以上前又は食後2時間以降に1日1回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

治癒切除不能な膵癌

ゲムシタビンとの併用において、通常、成人にはエルロチニブとして100mgを食事の1時間以上前又は食後2時間以降に1日1回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

タルセバの注意点まとめ

まとめ
  1. タルセバは食間に投与すること
  2. 高カロリーの食事によってAUCが増加する
  3. 規格によって適応が違うため注意

時給5000円クラスの高額派遣案件あり!




≫詳細はコチラ

病院薬剤師におすすめ!アンサングシンデレラ!

薬剤師あるある満載!

薬剤師なら共感できること間違いなしの!!

薬剤師が主人公のマンガです!!!

ドラマ化希望です!!!!!

人間関係に悩む看護師さんへ!

仕事や人間関係に悩んでいませんか?

あなたには国家資格があります。

人を救う力があります。

そんなあなたが、人間関係に悩んで…仕事に悩んで…

あなた自身が病んでしまわないようにして下さい。

あなたは貴重な人財です。

あなたの価値を発揮できる場所を探してください。

チェックしてみてね
看護師が転職で失敗しないために!看護師おすすめ転職サイト2019理想の職場が見つからない。どうやって自分にあった職場を探せばいいのか分からない。そんな悩める看護師におすすめな『転職サイト』を紹介します!看護師だからこその悩みや、看護師だからこそ可能な就業条件など『看護師専門の転職のプロ』を紹介します。自分のキャリアや人間関係に悩む看護師さんはぜひご覧ください!...

 

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!