【重要】新型コロナウイルスについて

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供/

 
 
≫詳細がこちら

薬の話

DOACってワーファリンよりも消化管出血が多いって知ってた??

CardioーCoagulation Vol.5 No.1(2018―循環器における抗凝固療法 特集:各DOACの長所と短所

静脈血栓塞栓症に対する新規抗凝固剤であるDOAC(direct oral anticoagulants)は、ワルファリンと同等以上の脳塞栓予防効果をもつ一方で、脳出血合併症の発症頻度が低い事が知られています。

 

はいたっち

DOACっていうは、プラザキサとか、イグザレルトとか、エリキュースとか、リクシアナとかの事だよ。

 

ワルファリンよりも使いやすく効果があり、おまけに脳出血の合併症が少ないというDOACですが、実は困った問題があります。

 

消化管出血の頻度がワルファリンよりも高いのです・・・

 

これには抗凝固作用だけではなく、消化管に滞留する薬剤の局所作用が影響しているといわれています。

 

DOAC服用中の患者を診る際には、消化管出血に注意する必要があります。

 

[TOC]

DOACによる消化管出血の危険因子

 

  • 高用量のDOAC
  • 抗血小板薬やNSAIDS、ステロイドの併用
  • 高齢者(75歳以上)
  • 麺性腎臓病の合併
  • ヘリコバクターピロリ感染
  • 消化管病変の既往

 

これらに該当する患者が、高リスク患者であると推測されます。

 

スポンサーリンク


消化管障害の予防にはやはりPPIか?

PPIやH2ブロッカーの投与によって、ダビガトランに関連する上部消化管出血のリスクを軽減することが報告されています。

参考文献

Prevention of Dabigatran-Related Gastrointestinal Bleeding With Gastroprotective Agents: A Population-Based Study.

 

しかし、PPIやH2ブロッカーには、DOACによる消化管障害に対する予防的投与の保健適応はありません

 

また、抗凝固薬に関連する消化管出血の30‐50%は下部消化管出血であることが報告されていますが、抗潰瘍薬による下部消化管障害の予防効果は証明されていません

 

2019年1月現在の見解としては、PPIの予防投与はオススメできません。

 

上記に記載したリスク因子を加味して、必要な症例にのみ使用していくのが妥当でしょう。

 

まずはDOACによる消化管出血の副作用を認識し、早期に介入できる体制を構築することが重要だといえます。

 

 

Sincerely

Hitouch

 

 

関連記事

【アスピリンジレンマ!?】あなたはどこまで知ってる?バイアスピリンの事を

 

薬剤師の働き方改革

【派遣薬剤師に向いているのはどんな人?】派遣薬剤師のメリット・デメリットを紹介 人生100年時代。 『学業→就業→引退』という既存のモデルが機能しなくなる未来が予想されています。 ...

 

年収を上げたい薬剤師さんにおすすめ

 全国の情報や派遣求人の見通しなど貴重な情報が手に入ります。

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

 

 情報量がものすごい!こちらも必ず登録すべきです。

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア


 派遣以外の求人数がすごい!派遣以外の市場調査もしましょう。

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円のお祝い金】

 

薬剤師さんに人気の記事

 

【この記事の執筆者】
Hitouch「T」
HitouchLIFEという雑記ブログの管理人
医療・投資・自己啓発系のライティングを得意とする医療ライター
オススメ HitouchLIFE

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!