がん

TURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)で使用される抗がん剤は?

臨床薬剤師におすすめ!

このサイトでは実臨床で活用できる薬の知識をご紹介しています。

毎日6時に更新しています。

どの記事も2-3分で読めるものばかりです。

スキマ時間の学びにご活用ください。

膀胱癌の治療の基本

膀胱がんの治療において病期を把握することは重要です。

腫瘍が粘膜下層までにとどまる『筋層非浸潤性膀胱がん』と筋層に浸潤する『筋層浸潤性膀胱がん』では治療が大きく異なります。

筋層非浸潤性膀胱がんの治療の基本となるのがTURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)です。

筋層非浸潤性膀胱がん(Ta/T1/Tis=CIS)

筋層非浸潤性膀胱がんは膀胱がんの約70%を占めるといわれています。

腫瘍の状態に応じて『低・中・高リスク』の3つに分類され、それぞれのリスクに応じた治療が行われます。

TURBTによる腫瘍の完全切除を行った後に、リスク分類に応じて薬剤が投与されます。

低リスク

抗がん薬即時単回注入

中リスク

抗がん薬またはBCGの維持注入

高リスク

BCGの維持注入または膀胱全摘

TURBTに伴う局所抗がん薬治療

  • 抗がん薬即時単回注入
  • 抗がん薬・BCG維持注入
  • BCG維持注入

TURBT後に実施する抗がん薬としてアンスラサイクリン系が用いられます。

アドリアマイシンエピルビシンなどが使用されており、薬剤間で治療効果に優劣が無いことがわかっています。

参考書籍:がん必須ポイント

がん専門・認定薬剤師を目指す方や、がん化学療法認定看護師を目指す方におすすめの書籍が、『がん専門・認定薬剤師のための がん必須ポイント 第4版』です。

がん専門薬剤師が10名近く在籍するという、薬剤師界隈では有名な、岐阜県の大垣市民病院が作成しています。

薬剤師が作成しているだけあって、非常に分りやすく、勉強になります。

がん専門薬剤師・がん認定薬剤師の試験対策にはもってこいの一冊です。

ぜひチェックしてみて下さい。

専門資格試験には必須です

時給5000円クラスの高額派遣案件あり!




≫詳細はコチラをクリック

アンサングシンデレラ3巻発売中!

薬剤師こそもっと自由な働き方を!

こんなはずじゃなかった…
仕事が辛い…
人間関係が最悪…
もう無理をするのはやめましょう。
あなたに合った職場はきっとあります!

 

こちらも合わせてどうぞ!