薬剤師

【調剤薬局?病院?だけじゃない!】薬剤師の仕事内容!メリット・デメリットを紹介

こんにちはHitouchです。
@hitouch_life

 

近年、医療職種の中でもとりわけ人気なのが「薬剤師」です。

 

国家資格の中でも、インテリジェンスな資格で、社会的なステータスもあります。

 

医師と違い超長時間労働を強いられる事が少なく、ワークライフバランスを維持しやすい仕事といえます。

参考 【実は超ブラック!?】医師(医者)の仕事ってどんな仕事!?

 

そんな薬剤師の仕事を詳しくご紹介します。

 

【おすすめ読者様】

・医療スタッフの方

・薬剤師を目指す方

・転職したい薬剤師の方も!?

 

薬剤師ってどんな仕事??

薬剤師というのは「薬のスペシャリスト」です。

 

薬局の窓口で「今日のお薬は~」なんて説明してくれるのが薬剤師です。

 

病院にかかった時に点滴された経験はありませんか?

その点滴を作っているのが薬剤師です。

*)厳密には、ベースとなる点滴に必要薬剤を混ぜる「調剤」という行為です

 

なんとなく想像できる薬剤師の仕事は、このあたりまででしょう。

 

実はもっともっと多様な働き方があります。

調剤薬局の薬剤師

最も多くの薬剤師がこの道を進みます。

医師の発行する処方箋に基づいて調剤をするのが、調剤薬局の薬剤師のお仕事です。

在宅で患者さんの薬を管理したりするサービスを行う薬局もあります。

ドラッグストアの薬剤師

全てのドラックストアに薬剤師が常駐しているわけではありませんが、ドラックストアにも薬剤師はいます。

医師の発行する処方薬だけではなく、一般用医薬品についての知識まで幅広く学ぶ必要があります。

病院の薬剤師

より「医療」に特化したのが病院の薬剤師です。

チーム医療の中で薬の使い方や、副作用の管理をしていくのが病院薬剤師の仕事です。

患者さんの相手はもちろん、医師や看護師を始め多種多様な医療職種と仕事をしていく能力が必要です。

製薬メーカーの薬剤師

超有名一部上場製薬メーカーにも薬剤師は勤務しています。

「管理薬剤師」という仕事であったり、新たな薬を生み出す「研究」をしたり、薬のプロモーション活動をする「MR」であったり、企業の薬剤師には幅広いスキルが求められます。

医療現場から離れる分、「一般常識」「社会マナー」等が必要になります。

*)医療現場ではあまり重要視されません・・・

大学の薬剤師

大学に残って研究の道に進む薬剤師です。

研究だけではなく、教育も彼らの大切な仕事です。

様々な病院と連携し、次世代の薬剤師を育てる使命があります。

行政の薬剤師

行政に関わる様々な場所で薬剤師は活躍しています。

実は麻薬取締官にも薬剤師は存在します。

その他の薬剤師

薬剤師が扱うのは「知識」です。

技術よりも知識にウェイトがおかれる仕事です。

その知識を活かして様々な活動を行う薬剤師が存在します。

 

スポンサーリンク


臨床薬剤師のメリット・デメリット

 

  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
  • 病院
  • 企業
  • 大学
  • 行政

 

様々な場所で活躍する薬剤師ですが、「調剤薬局」「ドラッグストア」「病院」など、医療に近い場所で働く薬剤師の事を、「臨床薬剤師」といいます。

 

この臨床薬剤師のメリットとデメリットを紹介します。

臨床薬剤師のメリットとは!?

他の仕事にはない程魅力的!?な臨床薬剤師のメリットを紹介します。

とにかく安定している

とにかく仕事が安定しています。

基本スタイルが医師の処方に基づく調剤ですので、処方さえあれば仕事があります。

公務員よりも安定した仕事に就くことができるかもしれません。

知識重視の仕事内容

重要視される能力の大部分は「知識」です。

技術的には「誰でもできる」ような仕事です。

だからこそ、どこででも働けます。

だからこそ、差がつくのが「知識」です。

頭を使う、非常に面白い仕事です。

高時給

技術的には誰もができる仕事であるにも関わらず、物凄い高時給で働けます。

時給に悩む薬剤師さんがいらっしゃいましたら、こちらのサイトに登録してみて下さい。

世界が変わると思います。

同じ仕事で3倍以上の時給なんてザラにあります。

怪しい話でもなく、勤務先は普通の調剤薬局です。

それくらい人が不足しているのです。

悩まずにまず相談しよう♪転職の相談は薬剤師ナビにお任せ!

臨床薬剤師のデメリット!?

勤務先によってデメリットは違いますので、なんとも言えませんが、多くの薬剤師が抱えているジレンマをデメリットとして紹介させていただきます。

自己表現がしにくい

多くの薬剤師が虚しさを感じるのが「オリジナリティの欠乏」です。

これがやりがいの欠損に結びつく可能性もあります。

 

薬剤師は、医師の処方せんに基づいて調剤をするのが仕事です。

 

処方箋がなければ仕事はありません。

医師がいなければ仕事はありません。

 

薬のスペシャリストであるはずなのに「処方権」がありません。

 

これが最大のデメリットです。

 

こんな料理人を想像してみて下さい。

 

どれだけ技術を積もうが、どれだけ自己研鑽に励もうが、料理は作れても「レシピ」が書けないのです。

レシピを書くことが禁止されているのです。

 

歌手やアーティストはどうでしょう。

彼女ら(彼ら)は、提供してもらった楽曲を「ただ歌うだけ」であったとしても、彼女らなりの「歌声」で歌うからこそ人々を魅了します。

 

役者だってそうですよね。

アドリブ無しで台本通り演技しても、彼らだからこそ「その役」を表現できるのです。

 

薬剤師は違います。

 

レシピに書かれた通り、間違いなく調剤するのが仕事です。

提供してもらった楽曲を、皆と同じように調剤するのが仕事です。

台本をアドリブ無しで、感情を出さずに調剤するのが仕事です。

 

自己表現が全くできません。

 

これが臨床薬剤師が味わう葛藤です。

誤解のないように

薬剤師は、患者さんに感謝され、チーム医療の大きな役割を担い、医療に貢献できる仕事です。

胸をはれる仕事です。

しかし、人によってはやりがいを感じにくく、虚しさを感じてしまう仕事であることは間違いありません。

 

患者さんのため、医療のため、家族のために、身を粉にして働く薬剤師さんがたくさんいます。

 

彼らは日々自己研鑽に励み、人一倍の努力をしています。

 

少しでも彼らのやりがいが向上するように、彼女らの実力が発揮できるように、法整備が進むことを心から願っています。

 

スポンサーリンク


薬剤師の仕事のまとめ

 

・薬剤師にはいろんな働き方がある

・薬剤師の最大の武器は「知識」

・薬剤師は安定した仕事

・高時給を得やすい

・自己表現がしにくい“かも”しれない

 

薬剤師の仕事は多種多様です。

 

今現在、自己表現がしにくく、やりがいがないと感じているのであれば、職場を変えてみるのも1つの手かもしれません。

 

病院や薬局によって「薬剤師の立場」が全然違います。

 

薬剤師が、医師の処方内容に口を出す事が当たり前の病院もあります。

 

迷っているくらいなら、「他」を探してみましょう。

 

悩まずにまず相談しよう♪転職の相談は薬剤師ナビにお任せ!

いざ飛び込んでみると、ウジウジ迷っていたのが馬鹿らしくなるほど、世界が変わるはずです。

 

薬剤師は胸をはれる仕事ですよ。

 

Sincerely,

Hitouch

 

 

【この記事の執筆者】

Hitouch「T」
HitouchLIFEという雑記ブログの管理人。
医療・投資・自己啓発系のライティングを得意とする。

オススメ HitouchLIFE

 

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!