【重要】新型コロナウイルスについて

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供/

 
 
≫詳細がこちら

がん

【併用注意】オピオイドとノルスパンテープは併用してOK?

がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2014年版
臨床薬剤師におすすめ!

このサイトでは実臨床で活用できる薬の知識をご紹介しています。

毎日6時に更新しています。

どの記事も2-3分で読めるものばかりです。

スキマ時間の学びにご活用ください。

モルヒネとノルスパンテープの併用に注意

ノルスパンテープ(ブプレノルフィン)μ受容体に対して部分作動薬として作用します。

またκ受容体に対しては拮抗作用を示すことが分かっています。

そのため、モルヒネなどのオピオイド製剤を使用している患者さんにブプレノルフィンを投与すると、鎮痛効果に変化が現われる恐れがあります。

モルヒネなどのオピオイドとノルスパンテープを併用することは、相互作用の観点から勧められません

ブプレノルフィン

  • ブプレノルフィンはモルヒネより25倍~30倍強い鎮痛効果を示す
  • 1回用量2mg~4mgで有効限界(天井効果)に達する
  • レペタンとノルスパンの適応違いに注意

オピオイドの受容体親和性

オピオイドμ受容体δ受容体κ受容体
モルヒネ++++
フェンタニル+++
オキシコドン+++
コデイン+
トラマドール+
ペンタゾシン++(P)+++
ブプレノルフィン+++(P)++(P)+++(P)

表引用≫がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン 2014年版

参考書籍:がん必須ポイント

がん専門・認定薬剤師を目指す方や、がん化学療法認定看護師を目指す方におすすめの書籍が、『がん専門・認定薬剤師のための がん必須ポイント 第4版』です。

がん専門薬剤師が10名近く在籍するという、薬剤師界隈では有名な、岐阜県の大垣市民病院が作成しています。

薬剤師が作成しているだけあって、非常に分りやすく、勉強になります。

がん専門薬剤師・がん認定薬剤師の試験対策にはもってこいの一冊です。

ぜひチェックしてみて下さい。

専門資格試験には必須です

時給5000円クラスの高額派遣案件あり!




≫詳細はコチラをクリック

アンサングシンデレラ3巻発売中!

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!