がん

【irAE】皮膚障害のグレード評価や対処方法をまとめます!

がん診療レジデントマニュアル 第8版
臨床薬剤師におすすめ!

このサイトでは実臨床で活用できる薬の知識をご紹介しています。

毎日6時に更新しています。

どの記事も2-3分で読めるものばかりです。

スキマ時間の学びにご活用ください。

免疫チェックポイント阻害薬の副作用:皮膚障害とは?

皮膚障害は最も頻繁に、かつ早期に観察されるirAEのひとつです。

多くの皮膚障害はGrade1-2の軽度なものとされていますが、中には非常に重篤な皮膚障害を発現するケースも存在します。

一方で、悪性黒色腫の治療にニボルマブ(オプジーボ)を使用した場合において、尋常性白斑の出現率と奏効率の高さが相関しているという報告も存在し、皮膚障害が予後予測因子の一つとして用いられる場合もあります。

irAEとして発現する皮膚障害の種類

irAEでは多種多様な皮膚障害が発現するのが特徴です。

カペシタビンのHFSや抗EGFR抗体のざ瘡などのように、薬剤毎に特徴的な皮膚障害が出現するというよりは、どの免疫チェックポイント阻害薬でも様々なパターンで皮膚障害が出現します。

  • 多形紅斑
  • 尋常性白斑
  • 尋常性乾癬
  • 水泡性皮膚炎
  • 類天疱瘡
  • SJS
  • TEN
  • など

皮膚障害は全身に出現しますので、注意深く観察する必要があります。

CTCAE|皮膚障害のグレード評価方法

CTCAEにおける皮膚障害のグレード評価です。

Grade1-2

体表面積の≦30%を占める

生活に支障がない場合はGrade1

Grade3-4

体表面積の>30%を占める

皮膚障害の対処方法は?

皮膚障害への明確な対応方法はなく、外用ステロイドなどの対処療法を行いながら、免役チェックポイント阻害薬の投与を継続する(グレードによる)のが基本です。

Grade1-2

免疫チェックポイント阻害薬の継続を検討

対処療法(抗ヒスタミン・局所ステロイド)

Grade3-4

免疫チェックポイント阻害薬中止

専門医へのコンサル

ステロイドの投与

おすすめ書籍:がん必須ポイント

がん専門・認定薬剤師を目指す方や、がん化学療法認定看護師を目指す方におすすめの書籍が、『がん専門・認定薬剤師のための がん必須ポイント 第4版』です。

がん専門薬剤師が10名近く在籍するという、薬剤師界隈では有名な、岐阜県の大垣市民病院が作成しています。

薬剤師が作成しているだけあって、非常に分りやすく、勉強になります。

がん専門薬剤師・がん認定薬剤師の試験対策にはもってこいの一冊です。

ぜひチェックしてみて下さい。

専門資格試験には必須です

時給5000円クラスの高額派遣案件あり!




≫詳細はコチラ

アンサングシンデレラ3巻発売中!

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!