【重要】新型コロナウイルスについて

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供/

 
 
≫詳細がこちら

がん

【非小細胞肺がん】CBDCA+nab-PTX+ペムブロリズマブ療法を紹介

この記事では、非小細胞肺がん(扁平上皮癌)の1次治療に用いられる『CBDCA+nab-PTX+ペムブロリズマブ』に関して紹介します。

CBDCA+nab-PTX+キイトルーダ(ペムブロリズマブ)療法

  • 非小細胞肺がん(扁平上皮癌)
  • 1次治療
  • PDL‐1発現問わず

ステージⅣbの非小細胞肺がん(扁平上皮癌)の1次治療に用いられるのが『CBDCA+nab-PTX+ペムブロリズマブ』です。

ペムブロリズマブはPDL-1の発現を問わず、プラチナダブレットへの上乗せ効果が示されています。

Nab-PTX(アブラキサン)は、調製に手間がかかるものの、PTXと違いアセトアミノフェンやレスタミンの前投薬が不要であり、アルコールを含まないなどの利点があります。

投与スケジュールと基本投与量

  • 1コース21日サイクル
  • CBDCA:AUC6(Day1)
  • キイトルーダ:200mg/body(Day1)
  • nab-PTX:100mg/m2(Day1.8.15)

4コース終了後キイトルーダ単独でメンテナンス

注意すべき点は、nab-PTX(アブラキサン)が毎週投与ということです。

患者にとっても毎週の通院治療はかなり負担になりますので、投与スケジュールもレジメン選択の際に考慮すべきポイントです。

有効性

OS中央値:15.9ヵ月

PFS:6.4ヵ月

奏効率:57.9%

副作用

好中球減少(Grade≧3)22.7%
貧血(Grade≧3)15.5%
血小板減少(Grade≧3)6.8%
下痢(Grade≧3)4.0%
疲労(Grade≧3)3.2%
関節痛(Grade≧3)1.4%
呼吸困難(Grade≧3)1.4%
肺臓炎(Grade≧3)2.5%
大腸炎(Grade≧3)2.2%
肝炎(Grade≧3)1.8%

各薬剤の注意点

各薬剤の注意点を紹介します。

参考:各薬剤の添付文書より

CBDCA

  • 投与量に応じて250mL以上のブドウ糖注射液又は生理食塩液に混和する。
  • 生理食塩液等の無機塩類(NaCl、KCl、CaCl2等)を含有する輸液に混和するときは、8時間以内に投与を終了する。
  • イオウを含むアミノ酸(メチオニン及びシスチン)輸液との配合を避けること。
  • アルミニウムと反応して活性が低下するので、アルミニウムを含む医療器具を用いないこと。

Nab-PTX

  • 懸濁液の調製に当たっては、必ず生理食塩液を使用すること。
  • 本懸濁液は他の薬剤とは混注しないこと。
  • 本剤投与時には、インラインフィルターは使用しないこと。

ペムブロリズマブ(キイトルーダ)

  • 日局生理食塩液又は日局5%ブドウ糖注射液の点滴バッグに注入し、最終濃度を1~10mg/mLとすること。
  • 希釈液をすぐに使用せず保管する場合には、25℃以下で6時間以内又は2~8℃で合計24時間以内に使用すること。
  • インラインフィルター(0.2~5μm)を使用して、30分間かけて静脈内投与すること。

アブラキサンとキイトルーダのフィルターの違いに注意です!

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!