【重要】新型コロナウイルスについて

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供/

 
 
≫詳細がこちら

コメディカル

運動機能のスペシャリスト!理学療法士PT(physical therapist)の仕事内容とは?

こんにちはHitouchです。
@hitouch_life

 

人間の「動作」を医学的にサポートするのが理学療法士です。

 

病院や介護施設などの医療分野だけではなく、アスリートを医学的にサポートするなど、スポーツの分野でも活躍しています。

 

そんな理学療法士(PT)の仕事をご紹介します。

 

【オススメ読者様】

・理学療法士の仕事が知りたい

・理学療法士になりたい!

・理学療法士って何やってんの?

 

執筆者:きのみさん

編集者:Hitouch「T」

 

理学療法士PT(physical therapist)とは??

 

ケガや加齢、障害などで運動機能の低下した人が基本動作(寝返り、座る、立つ、歩くなど)を回復できるよう行う、リハビリテーションの専門職です。

 

乳児から高齢者まで幅広くサポートします。

 

理学療法士になるには、厚生労働省が施行する理学療法士国家試験に合格し、国家資格を取得する必要があります。

【働く場所】理学療法士(PT)活躍の場は?

 

  • 医療施設
  • 老人介護施設
  • 福祉関連施設
  • リハビリテーションセンター
  • スポーツトレーナー
  • などなど

 

活躍の場は様々です。

働く場所によって、サービスを提供する相手も大きく異なるのが特徴です。

小さな子供から高齢者、はたまたトップアスリートまで、自分に合った専門知識を身につけてキャリアアップしていくことが大切です。

理学療法士(PT)の仕事内容

患者一人一人の目標に合わせたプログラムを作成し、医師や看護師などと連携
しながら基本動作の回復、改善を図ります。

 

  • 体操などの運動療法
  • マッサージや電気などを使った物理療法
  • 加齢による機能の低下を未然に防ぐための介護予防や福祉機器使用のサポート
  • 乳幼児の発達相談
  • 訪問リハビリ

 

*)近年ではスポーツトレーナーとして、ケガをした選手のリハビリやパフォー
マンス向上のためのトレーニング指導、ケガ予防のためのサポートなど、スポ
ーツの分野へも活躍の場が広がっています。

 

理学療法士が感じる「やりがい」と「ジレンマ」

理学療法士として医療に携わることで、多くのやりがいを感じる事ができます。

 

機能回復により生活の質が向上した患者さんからの感謝の言葉。

リハビリテーションを楽しみに通ってくれる患者さんの笑顔。

 

患者さんの支援や、チーム医療への貢献は、非常にやりがいを感じます。

 

リハビリテーションはすぐに効果が表れるものではなく、治療が長期にわたるケースも珍しくありません。

治療の過程で思ったような成果や効果が表れないこともしばしばあります。

そんな時には、辛い思いを抱える患者さんと向き合い、精神的なサポートをすることが求められます。

 

身体面でだけでなく、精神面でのサポートをしていく事にも、理学療法士の責任の重さや、やりがいを感じる事ができます。

 

一方、理学療法士は運動機能の専門家であるにもかかわらず、医師の指導の下にリハビリテーションを行う必要があり、自らの考えを患者に伝える際には、医師の判断を仰がねばなりません。

自分の意見を医師に伝達していくことに、仕事の難しさを感じる部分があります。

 

理学療法士のキャリアプランは?

理学療法士は日々勉強です。

 

急性期から回復期、慢性期、在宅と幅広い仕事内容が求められ、多くの疾患についての知識が必要です。

 

医療の知識だけではなく、多くのスタッフをまとめていくためのマネージメントスキルも必要になります。

 

自分にあったキャリアプランを考える事が重要です。

専門知識を磨くスペシャリスト

自らの専門性を高め、高い専門的臨床技術の維持、社会、職能面における理学療法の専門性(技術・スキル)を高めていくことで、「認定理学療法士」を目指すことができます。

 

理学療法士の中でも専門性が高く、より医療に特化した専門家になることができます。

現場を指揮するゼネラリスト

医療の知識だけではなく、マネージメントやコーチングを学び、現場を指揮する道を選ぶのも人気のキャリアプランです。

多種多様の医療スタッフを束ねるためには、生半可な知識では役に立ちません。

自分の人間性を磨き、チームを指揮するだけの精神力が必要になります。

理学療法士PTは医療に貢献する重要な仕事

理学療法士は幅広い知識と技能が要求される難しい仕事です。

 

だからこそやりがいを感じる事ができます。

 

動作を通じて医療に貢献する理学療法士は、これからの時代も必要とされる、大変重要な仕事です。

 

Sincerely,

Hitouch

 

【この記事の執筆者】

きのみさん/理学療法士
地域の基幹病院に勤務。
訪問リハビリで経験を積み、現在は急性期から慢性期まで幅広い患者を抱えている。
新人教育に携わるなど、現場を指揮する女性PTさん。

【この記事の編集者】

Hitouch「T」
HitouchLIFEという雑記ブログの管理人
医療・投資・自己啓発系のライティングを得意とする医療ライター

オススメ HitouchLIFE

 

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!