NEWS

【インフルエンザ注意報】9月なのにもう学級閉鎖!?亜熱帯型インフルエンザって何?

こんにちはHitouchです。
@hitouch_life

 

まだ9月なのにもかかわらず、インフルエンザが流行しています。

 

愛知県、神奈川県、東京都など全国の学校で学級閉鎖が始まっています。

 

通常冬に流行するインフルエンザがどうしてこんな時期に流行しているのでしょうか?

 

参考記事 季節外れのインフルエンザ?予防と治療総まとめ

 

季節外れのインフルエンザが大流行する理由とは?

通常冬に大流行するインフルエンザが、残暑が残る9月に流行している原因として、2つの理由があげられています。

  • 海外からの持ち込み
  • 亜熱帯型インフルエンザの流行

南半球からインフルエンザが持ち込まれている?

専門家は海外渡航による感染や、外国人旅行者によるウイルスの持ち込みを理由にあげています。

南半球の季節は冬ですので、ちょうどインフルエンザのシーズンです。

人の行き来が起これば、感染症も拡大します。

グローバル化によって海外との距離が縮まっていることが、感染症の発症パターンに変化をもたらしている事が推測されます。

亜熱帯型インフルエンザの流行?

そもそも亜熱帯型インフルエンザとはなんでしょうか?

亜熱帯型インフルエンザとは?

毎年世界各地で大なり小なりインフルエンザの流行がみられる。

温帯地域より緯度の高い国々での流行は冬季にみられ、北半球では1~2月頃、南半球では7~8月頃が流行のピークとなる。

熱帯・亜熱帯地域では、雨季を中心としてインフルエンザが発生する。

国立感染症研究所

参考サイト 亜熱帯型インフルエンザとは!?

 

熱帯・亜熱帯地域では、冬ではなく雨季にインフルエンザが発症するようです。

温暖化によって日本の気候は亜熱帯地域化しています。

この気候の変化が、インフルエンザの流行パターンに変化を生じている可能性を示唆する専門家もいます。

インフルエンザ対策が万全ではない

季節外れのインフルエンザが大流行する一番の理由は、「準備不足」です。

 

通常ワクチンの摂取は10月頃から始まります。

マスクをしている人も少ないでしょう。

 

まさかこの時期にインフルエンザになるとは誰も思いません。

 

冬であればすぐに病院に行くにもかかわらず、今の時期であれば熱があっても少し様子を見ようと思いませんか?

たとえ医療関係者であっても「まさかインフルエンザとは」思いません。

37度程度の熱であればインフルエンザチェックはしないでしょう。

 

この「準備不足」が季節外れのインフルエンザが大流行する理由です。

 

空気の乾燥している冬に比べてインフルエンザの感染力は弱いはずです。

それでも拡大してしまうのは、我々の準備不足の影響が強いと推測されます。

なぜインフルエンザは冬に大流行するの?

そもそも何でインフルエンザが「冬」に流行するか知っていますか?

 

冬に流行する理由を知るために、まずはインフルエンザの感染経路を確認しておきましょう。

医療関係者の方は絶対知っておかねばなりません。

インフルエンザの感染経路は飛沫感染

「飛沫感染」とは咳やくしゃみに含まれる「飛沫」に病原体がのって移動し、それが近くにいる人の鼻腔や口に入り込むことによって感染する感染様式のことです。

「飛沫」とは口や鼻から飛び出す微粒子のことです。

最大飛行距離は2メートルだと言われています。

つまり、2メートル以上離れていれば通常感染することはありません。

しかし、換気があまい場合などには、飛沫がより遠くまで飛散してしまう事になります。

これが「空気感染」です。

無換気状態に長時間インフルエンザウイルスを漂わせると、通常であれば飛沫感染しかしないはずのインフルエンザが、空気感染してしまう事が考えられます。

そのため、学校など集団生活を送る場所では「換気」がとても重要です。

寒気と乾燥(低湿度)はインフルエンザ流行に最適

暖かく湿度が高い場合は、空気中の余分な湿度が飛沫をより重く大きくするため、空気中でのウイルス拡散を妨げることができます。

そのため、ウイルスが遠くへ広がることが少なくなります。

 

一方、冬になって気温や湿度が低くなると、インフルエンザの飛沫が抵抗なく空気を通して飛びやすくなります。

 

これがインフルエンザが「冬」に流行しやすい理由です。

 

スポンサーリンク


インフルエンザを今すぐ予防!手洗いうがいを徹底しよう!

今すぐにできるインフルエンザの予防策は「手洗い・うがい」の徹底です。

 

インフルエンザの活動力が低いこの時期は、予防策をしっかりと行えば流行を食い止める事が可能です。

 

そのためにも手洗いうがいを「全員」が徹底する必要があります。

 

「自分は体が丈夫だからいいや」ではなく、あなたの大切な人を守るために、手洗いうがいをして下さい。

 

集団で予防策を行うことが必要です。

 

感染症を抑え込むには、チームワークが何より大切です。

 

Sincerely,

Hitouch

 

参考サイト

【2018年最新版】季節外れの亜熱帯型!?インフルエンザが流行中!予防と治療まとめ

 

関連記事

【2019年最新版】インフルエンザ治療薬の総まとめ!メリット・デメリットを紹介インフルエンザの治療薬は年々進化しており、「単回内服」で効果を示す薬剤までもが登場しています。 薬剤数も多くなってきて、覚えるのが...

 

【この記事の執筆者】

Hitouch「T」
HitouchLIFEという雑記ブログの管理人
医療・投資・自己啓発系のライティングを得意とする医療ライター

オススメ HitouchLIFE

 

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!