【重要】新型コロナウイルスについて

 

\新型コロナウイルスに関する情報提供/

 
 
≫詳細がこちら

薬剤師

【人間関係が全て】薬剤師が転職を決断するたったひとつの理由は?

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

薬剤師が転職を決断する理由は、結局のところ『人間関係』ではないでしょうか?

他職種(医療以外)の転職理由の上位には、『他にやりたいことがある』や『会社の将来性』、『専門技術の習得』などがありますが、薬剤師に限れば『病院の将来性が心配だから転職する』という人は少ないでしょう。

また、『他にやりたいことがある』という薬剤師は半数以上を占めているでしょうが(個人的意見です)、『病院⇔薬局』を何度転職したところで薬剤師は薬剤師です。

MRになりたいという人や、全く別の領域にチャレンジしたいという人は除いて、薬剤師が転職する理由の大半は『今の環境が気に食わないから』です。(転職斡旋業者さん!見てますか?)

どこにいっても給料は500万~700万円。

週休二日や福利厚生の充実度は違えど、どこにいっても薬剤師は薬剤師であり、薬剤師の誰もがそれを悟っています。

だからこそ、少しでも楽しく、少しでも働きやすい職場を求めるのは当然のことです。

職場環境が嫌になる最大の要因は『人』です。

それが上司であれ、同僚であれ、患者であれ、得意先であれ…人間関係の悪化は驚くほど心を蝕みます。

転職の理由が人間関係で何が悪い!?

転職関係の相談にのっていて感じることは、ポジティブな転職をしなければいけないと考えている人が多すぎるということです。

  • やりたいことがある
  • スキルアップがしたい
  • 急性期医療に挑戦したい
  • 起業したい

『ポジティブな理由でなければ転職してはいけない』などという馬鹿げたルールは存在しません。

  • あいつと働きたくないから
  • 上司がうっとおしいから
  • 目も合わせたくない同僚がいるから

これらも転職に値する十分な理由です。

考えてみて下さい。

良くも悪くも、薬剤師はどこにいっても薬剤師なんです。

年収が2000万円に跳ね上がる訳でもなく、リモートワークが可能になる訳でもない。

薬剤師をやっている限り、調剤をして、薬の説明をする。

ただそれだけのはずです。

だったら!少しでも快適な場所を探し求めるべきではないでしょうか。

薬局はコンビニの数よりも多いそうです。

探せば見つかると思いますよ。

あなたにあった職場が…。

転職関連のおすすめ記事

実は…転職するだけでお金がもらえる転職サイトもたくさんあります。

知る人ぞ知る的な裏ワザです。

せっかく転職するなら賢く転職しましょう。

↓こちらの記事に詳細を記載しています↓

徹底比較!薬剤師に本当におすすめできる転職サイトランキング こんにちは!フリーランス薬剤師のはいたっちです!! >>詳しいプロフィールがこちら 薬剤師という国家資格があ...

本記事のおすすめ書籍

\\ 医療以外の幅広い知識が必要です//

医療のことばかり勉強していても、自分のレベルを上げることはできません。

これからの時代を生き抜くためには

お金・英語・生き方・などなど…

もっともっと!自己研鑽しませんか?

あなたに必要な知識はここにあります!

あなたに必要な知識がこちら≫

\\応援クリックが励みになります//
薬剤師がフリーランスになるまでの道のりを大公開!

こちらも合わせてどうぞ!